メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

12月03日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

公訴時効

関連キーワード

  • 公訴時効(2011年10月30日 朝刊)

    犯罪行為が終わった時から一定の期間が経過すると起訴ができなくなるとした刑事訴訟法の規定。DNA鑑定など科学捜査の技術向上や被害者遺族の強い要望があり、昨年4月の法改正で、殺人や強盗殺人など人を死なせて死刑になり得る犯罪の時効は撤廃された。殺人未遂事件は05年の改正で15年から25年に延びたが、御嵩町長襲撃事件は改正前に発生したため15年のまま。犯人が海外にいる期間は時効が停止する。

  • 公訴時効撤廃(2011年05月09日 朝刊)

    2010年4月の刑事訴訟法改正で、殺人や強盗殺人など人を死亡させて死刑になり得る罪の時効(15年。05年以降は25年)が撤廃された。背景には、DNA型鑑定をはじめとする科学捜査技術の向上に加えて、犯罪被害者、遺族からの強い要望があった。時効撤廃に伴う捜査体制強化のため、今年度の政府予算で地方警察官833人の増員が認められた。

  • 公訴時効制度(2010年03月07日 朝刊)

    刑事訴訟法の規定で、犯罪行為の完了時から一定期間が過ぎれば、容疑者が判明しても起訴を許さない制度。(1)時間の経過で証拠が散逸し、真実の発見が難しくなる(2)被害者や社会の処罰感情など、社会的影響が薄れる(3)罪に問われずに一定期間が過ぎた犯人の社会的地位の安定を尊重する——などがその趣旨とされる。容疑者が国外にいる間は時効の進行が停止する。

最新ニュース

写真・図版

(社説)DNA捜査 法整備して信頼つなげ(2021/11/29)

 広島県福山市で01年2月に起きた主婦刺殺事件で、67歳の男が先ごろ逮捕・起訴された。現場の血痕のDNA型の特徴が、別の事件で捜査対象になった男のものと合致したという。 発生から20年8カ月。本当に被…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】むっちりパンの正体は

    パリの外国ごはん

  • 写真

    【&M】絶品ダルバート、おしゃれに

    口福のカレー ネパール料理

  • 写真

    【&Travel】マチュ・ピチュの絶景と謎と

    上から撮るか、下から撮るか

  • 写真

    【&M】言葉の面白さを深掘り

    「ワードハンター」の視点

  • 写真

    【&w】ヴァンドーム青山本店が20周年

    期間限定バラの店内〈PR〉

  • 写真

    好書好日小野寺史宜が描く子ども食堂

    結論出さず、人のありよう描く

  • 写真

    論座立憲の泉新代表に課題続々

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンワックスジャケットの

    選び方と着こなしポイントとは

  • 写真

    Aging Gracefullyグレーヘア、美容医療……

    変化そのものを楽しむ

  • 写真

    GLOBE+漁師が語る尖閣諸島の緊張

    繰り返される中国公船の侵入

  • 写真

    sippoお太りさま猫「ぐっぴー」

    幻の“お宝”を求めて捜索中

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ