メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

04月22日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

公選法

関連キーワード

  • 上峰町長公選法違反事件(2008年10月23日 朝刊)

    05年6月と12月、当時2期目だった大川町長が町議や区長ら延べ約50人に食用油やハムの詰め合わせなど計約18万円相当を贈った事件。公職選挙法199条の2(公職の候補者等の寄付の禁止)は「公職にある者や候補者は、選挙区内の住民に対し、いかなる名義を問わず、寄付(金銭、物品などを提供すること)をしてはならない」と規定している。鳥栖簡裁は、5年間の公民権停止を伴う罰金30万円の略式命令を出したが、大川町長は命令を不服として正式裁判を申し立てた。同簡裁での一審が略式命令通りの判決を言い渡したため、大川町長は福岡高裁に控訴していた。

  • 公選法11条(2013年09月28日 朝刊)

    国政と地方の選挙について、「選挙権及び被選挙権を有しない者」として、「禁錮以上の刑に処せられその執行を終わるまでの者」(受刑者)や「選挙、投票及び国民審査に関する犯罪により禁錮以上の刑に処せられその刑の執行猶予中の者」と定めている。いずれも確定前なら勾留中でも不在者投票が可能。選挙関係以外の犯罪なら執行猶予中も制限はない。成年後見人がついている人にも制限規定があったが、東京地裁が3月に違憲判断を示したため、これを削除する改正公選法が5月に成立した。

  • 鹿児島県議選をめぐる公選法違反事件(2007年10月19日 夕刊)

    03年4月の県議選曽於郡区(定数3)に立候補、初当選した中山信一さんが住民ら12人と4回の会合を開き、計191万円の現金を授受したとして同法違反の罪で起訴(1人は公判中に死亡、公訴棄却)された事件。捜査段階で6人が容疑を認めたが、公判では否認した。鹿児島地裁は今年2月、自白の信用性を否定、12人全員に無罪を言い渡した。鹿児島地検は控訴を断念、無罪が確定した。

最新ニュース

マイコの疑問 どんな票が無効票に?(2019/4/21)有料記事

 マイコ 無効票という言葉を耳にしたよ。 A 有権者が選挙で投票しても、カウントされない票のことだ。どんな票が無効票になるか、公職選挙法に定められている。 マ たとえば? A 投票所で配られる投票用紙…[続きを読む]

公選法をコトバンクで調べる

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】美食を発信する気鋭のシェフ

    地元ならではの恵み〈PR〉

  • 写真

    【&TRAVEL】パリの学生街みたいな喫茶店

    京都ゆるり休日さんぽ

  • 写真

    【&M】自分を閉じてる場合じゃない

    いい空気をつくる 秀島史香

  • 写真

    【&w】もふもふ秋田犬の赤ちゃん

    「秋田犬のおやこ」

  • 写真

    好書好日「100万回生きたねこ」?

    滝沢カレンさんが超解釈

  • 写真

    論座野生ネコの害をめぐる悩み

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンこれぞ手軽な手土産の大本命

    「菓実の福」のフルーツ大福

  • 写真

    T JAPAN老舗酒蔵のヘルシードリンク

    気になる悩みをサポート

  • 写真

    GLOBE+中国一美しい本屋

    変わる書店、最前線

  • 写真

    sippo元保護犬・保護猫がいる家

    夫婦が動物を選ぶ基準とは

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ