メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月29日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

六本木

関連キーワード

  • 六本木ヒルズ回転ドア事故(2012年03月17日 夕刊)

    04年3月26日昼、大阪府吹田市の男児(当時6)が自動回転ドアに駆け込んだ際、頭などを挟まれ死亡した。森ビルの元常務と元部長、ドアを製造した三和タジマの元取締役が業務上過失致死罪に問われ、有罪判決が確定。事故を受けて05年、回転速度を秒速65センチ以下にするといった日本工業規格(JIS)が定められた。全国自動ドア協会によると、事故前に469台あった大型自動回転ドア(直径3メートル以上)のうち現在は約半数が使われておらず、事故後に174台が撤去されたという。

  • 六本木の鉄パイプ落下死亡事故(2017年05月02日 夕刊)

    昨年10月14日午前9時55分ごろ、東京都港区六本木3丁目の歩道で、マンションの改修工事のために組んでいた足場の鉄パイプ(長さ約1.8メートル、幅約3センチ)が約35メートルの高さから落下。真下を歩いていた飯村一彦さんの頭を直撃し、飯村さんが亡くなった。警視庁は、業務上過失致死事件として捜査。足場上での作業の状況や、地上での誘導に問題がなかったか、などを調べている。

  • 半グレ(2013年03月20日 朝刊)

    暴走族の元メンバーやその知人らが離合集散しながら、緩やかなネットワークで行動を共にするグループ。「半分グレている」の略などが由来で、暴力団と結びついて犯罪組織化している実態もある。警察庁は「治安を脅かす新たな反社会勢力」として「準暴力団」に位置づけ、全国の警察に活動実態を把握するよう指示した。首都圏を拠点とする暴走族「関東連合」や「怒羅権(ドラゴン)」の元メンバーらのグループが該当する。昨年9月に東京・六本木のクラブで、客の男性が目出し帽の集団に襲われて死亡した事件では、関東連合の元リーダーの男らが警視庁に逮捕された。

最新ニュース

写真・図版

どんどん裏切る会話劇、リズミカルに ゼレールの「嘘」翻訳、中村まり子(2020/10/29)会員記事

 巧みな会話劇で近年注目されているフランスの劇作家フロリアン・ゼレールの「嘘(ウソ)」が上演される。翻訳した中村まり子は「図抜けて天才」と太鼓判を押す。 ある夫婦が親友夫婦を夕食に招いた。ところが、直…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&Education】プログラミング教育の本質

    利根川裕太さんが語る

  • 写真

    【&w】わくわくする毎日をつくるもの

    ほんやのほん

  • 写真

    【&TRAVEL】今度は堂々とした立ち姿

    永瀬正敏が撮った台湾

  • 写真

    【&M】内戦の古傷を癒やすカレー

    忘れ得ぬタミルの人々と食事

  • 写真

    【&w】叔母から受け継いだ、ピエロギ

    私のファミリーレシピ

  • 写真

    好書好日生きやすい街求めドイツ移住

    香山哲「ベルリンうわの空」

  • 写真

    論座菅首相の所信表明演説を読む

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンオシャレとしてのジャージ

    漫画家/コラムニスト 渋谷直角

  • 写真

    T JAPANレシピが伝える新しい生き方

    長尾智子の卵料理

  • 写真

    GLOBE+ナイル川は豊かなのか?

    釣り人的な視点で眺めてみた

  • 写真

    sippoこわもてだけど優しい犬

    散歩道で見つけた子猫と親友に

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ