メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月31日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

内科医

関連キーワード

  • 蘭学の宇田川家3代(2010年01月09日 朝刊)

    江戸後期、津山藩医を務めた玄随・玄真・榕菴を指す。玄随はオランダの内科医書を翻訳して日本に初めて紹介。その養子・玄真は解剖学や薬物学の翻訳書など。大垣藩出身の榕菴はさらにその養子。津山洋学資料館は宇田川家などゆかりの蘭学者を紹介する。

  • 舞鶴市の医療再編問題(2011年01月27日 朝刊)

    新しい国の研修医制度ができた2004年、舞鶴市民病院の内科医13人が集団退職したのを機に経営が急速に悪化。市内の他の公的病院も医師不足などに悩んでいたことから、市は07年、「舞鶴地域医療あり方検討委員会」の答申を受け、各病院の機能を集約したり分散させたりして地域医療を守る構想を提案。府や国と協力して再編計画の実現を目指している。

  • 1945年2月15日の出来事(2011年02月16日 朝刊)

    「道慈小学校記念誌」(1983年発行)によると、米軍のB29編隊が、真南から飛んできて学校の上空で西に旋回、名古屋上空に達した。日本軍の戦闘機と空中戦になり、発射された弾が岩に当たって爆裂。破片が児童たちに当たった。1人が即死、2人が重傷、2、3人が軽傷を負った。村内には内科医しかおらず、郡内には自動車が1台もないため、日暮れを待って、橋本博雄さんをリヤカーに乗せて運び、夜中の2時過ぎに病院に着いた。同小の沿革史によると、高等科を合わせた児童・生徒数は、44年に350人だったが、45年には437人に増えた。疎開のためとみられる。現在の児童数は42人。

最新ニュース

写真・図版

使命にしばられず、動く コロナ時代を語る 医師・岩田健太郎さん×落語家・春風亭一之輔さん(2020/10/31)会員記事

 ■カジュアル読書 医師で神戸大学大学院教授の岩田健太郎さん(49)と落語家の春風亭一之輔さん(42)が「コロナの時代」をテーマに対談した。岩田さんはダイヤモンド・プリンセス号での感染対策を批判する動…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&Education】本上まなみの暮らしと子育て

    様々な選択肢を自由にチョイス

  • 写真

    【&TRAVEL】爆釣! 隠岐のイシダイ

    太公望のわくわく

  • 写真

    【&TRAVEL】気絶するほど?悩ましい!

    鉄道でユングフラウヨッホへ

  • 写真

    【&M】内戦の古傷を癒やすカレー

    忘れ得ぬタミルの人々と食事

  • 写真

    【&w】一日中太陽を感じられる家に

    リノベーション・スタイル

  • 写真

    好書好日真実は知りたいけど、怖い

    映画「罪の声」市川実日子さん

  • 写真

    論座トランプ再選の可能性は?

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンいい歌詞とは何なのか?

    心に響きつづける応援歌

  • 写真

    T JAPAN森に溶け込むシンプルな家

    北欧の建築家夫妻の別荘

  • 写真

    GLOBE+スーパーシティの内実を暴く

    監視資本主義とはなにか

  • 写真

    sippo何も知らない元繁殖犬

    9歳のゴールデンを迎え、しつけ

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ