メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

01月18日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

再生医療

関連キーワード

  • 再生医療(2015年12月03日 朝刊)

    病気やけがで損なわれた臓器や組織の働きを再生させるため、細胞や組織を体外で培養したり、加工したりして体に移植する医療。臨床研究や治験の段階のものが多い。

  • iPS細胞(2013年06月27日 朝刊)

    皮膚や血液などの細胞に特定の遺伝子を導入し、心臓や神経、肝臓などさまざまな細胞になれる能力を持たせた細胞。一定条件で培養すれば、無限に増やすことができる。再生医療のほか、病気の仕組みの解明、創薬研究など幅広い応用が期待されている。山中伸弥・京都大教授らが2006年にマウスで、07年にヒトの細胞で作製に成功し、山中氏は昨年、ノーベル医学生理学賞を共同受賞した。

  • スーパー特区(2009年07月31日 朝刊)

    先端医療の開発・実用化に取り組むべき、という経済財政諮問会議の提言を受けて昨年導入された。地域限定で規制緩和する特区と異なり、先端医療研究を行っている研究者グループを支援するのが特徴。研究費の使用方法の規制緩和に加え、開発段階から厚生労働省などに承認申請の相談ができるようにした。課題の公募や決定は科学技術政策担当など4大臣と有識者からなる健康研究推進会議が行う。体のさまざまな細胞になりうるiPS細胞(人工多能性幹細胞)の臨床応用プロジェクトや再生医療など24件が選ばれた。

最新ニュース

写真・図版

大阪に求められる都市機能とは? ヒントは「上方」(2019/1/16)有料記事

■多賀谷克彦の波聞風問 新年、大阪市内で開かれた経済界や自治体の互礼会の話の中心は、2025年に地元開催が決まった万博だった。話題は会場となる人工島へのアクセスから跡地利用にまで及んだ。 この数年、大…[続きを読む]

注目コンテンツ