メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月27日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

刑事裁判

関連キーワード

  • 国際刑事裁判(2008年07月15日 朝刊)

    国際社会での「法の支配」確立を目的に、大量虐殺、拷問、迫害など国際人道法に違反する行為をした個人を裁く国際刑事法廷。02年にICC設立条約(ローマ規定)が発効、03年から常設機関として活動を始めた。日本は07年に加盟し、年間予算約130億円の最大の分担国。各国の刑事裁判権を補完することを目指し、裁く意思や能力がない国での事件のみを受理できる。しかし、強制力はない。米、中国なども未加盟。

  • 国際刑事裁判所(ICC)(2010年05月28日 朝刊)

    ICC設立条約は1998年に合意され、2002年に発効。03年に活動を始めた。犯罪捜査をする検察局をあわせ持つ。犯罪が起きた当事国に訴追する能力・意思がない場合に捜査・訴追手続きを進める。これまでにウガンダなど5カ国の事件を捜査。住民虐殺などの疑いで計13人に逮捕状を出した。スーダンのバシル大統領も含まれる。身柄を拘束したのは4人。判事に外務省出身の尾崎久仁子氏がいる。

  • 刑事裁判の証拠の種類(2010年03月12日 朝刊)

    被告の供述調書など書面に書かれた「書証」、凶器などの「物証」、法廷で質問に答える被告や証人などの「人証」の3種類。検察官と弁護人はこれらの証拠を使って主張を組み立てる。裁判員は目の前で見聞きした証拠をもとに、被告が有罪か無罪かを判断する。

最新ニュース

写真・図版

「汚名を消して人生終えたい」88歳の元市長が再審請求(2020/10/17)会員記事

 大学の推薦入試をめぐる天竜林業高調査書改ざん・贈収賄事件で、2008年に贈賄罪で罰金刑が確定した中谷良作・元天竜市長(88)が16日、静岡地裁浜松簡易裁判所に再審請求した。「金は渡していない。虚偽自…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&Education】教室のデジタル機器利用率

    トップのデンマークの実情

  • 写真

    【&TRAVEL】沖縄離島路線バスの旅完結!

    クリックディープ旅

  • 写真

    【&TRAVEL】海と空は無限 伊豆の絶景宿

    楽しいひとり温泉

  • 写真

    【&M】カレーと音楽が楽しめる 

    フォレスター(東京・中目黒)

  • 写真

    【&w】秋ですよ!きのこのピラフ

    冷水希三子の何食べたい?

  • 写真

    好書好日メンタル不調、回復する近道

    伊藤絵美さんの「セルフケア」

  • 写真

    論座オスプレイの脅威は続く

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンいい歌詞とは何なのか?

    心に響きつづける応援歌

  • 写真

    T JAPANエンタメ界のダイバーシティ

    障がいのある表現者が望むこと

  • 写真

    GLOBE+#MeTooで起きた変化

    キム・ジヨン著者インタビュー

  • 写真

    sippoオヤツをくれるまで諦めない

    猫よ、その根気を娘に教えて

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ