メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月02日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

刑事訴訟法

関連キーワード

  • 公訴時効撤廃(2011年05月09日 朝刊)

    2010年4月の刑事訴訟法改正で、殺人や強盗殺人など人を死亡させて死刑になり得る罪の時効(15年。05年以降は25年)が撤廃された。背景には、DNA型鑑定をはじめとする科学捜査技術の向上に加えて、犯罪被害者、遺族からの強い要望があった。時効撤廃に伴う捜査体制強化のため、今年度の政府予算で地方警察官833人の増員が認められた。

  • 準抗告(2008年11月27日 夕刊)

    刑事訴訟法で、裁判官が下した決定などに対する不服申し立て制度。勾留、保釈、押収などの裁判や、捜査機関による押収処分などについて、裁判所に対し取り消しや変更を請求できる。裁判所は取り消すか、変更するか、不服申し立てを認めないか決定する。

  • 自由心証主義(2009年01月12日 朝刊)

    日本では元々刑事訴訟法318条で裁判官に対して定められ、裁判員法62条で新たに「証拠の証明力は裁判官及び裁判員の自由な判断に委ねる」とされた原則。たとえば、犯行を目撃した証人が「被告が犯人だった」と証言し、その証言を証拠とすることを決めたとき、証言の内容をどのくらい信用するのかというのは、裁判官と裁判員が自由に判断できる。ただし、有罪かどうかは自由気ままに判断できるわけではなく、証拠によって被告が有罪でないことを疑う余地がないほどの確信がなければ、有罪にはできない。自由心証とほぼ同じ考え方が、フランスの「内なる確信(intimeconviction)」。

最新ニュース

写真・図版

ダンプカーが毎日50~60台 休耕田や草地が8カ月で土砂の山に(2022/9/29)

 千葉県野田市内の休耕地などに市に無許可で土砂を搬入して盛り土をしたとして、千葉県警は28日、ともに「竹内興業」共同代表の男2人を野田市残土条例違反(無許可特定事業)の疑いで逮捕したと発表した。土砂は…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&Travel】何もない場所を撮ったわけ

    永瀬正敏フォト・ワークス

  • 写真

    【&w】がんの研究を続ける私に

    花のない花屋

  • 写真

    【&Travel】安藤建築の粋、新感覚ステイ

    京都ゆるり休日さんぽ 丸福樓

  • 写真

    【&M】本格派インドの味を松本で

    口福のカレー

  • 写真

    【&w】母の夢は移動式本屋

    花のない花屋

  • 写真

    好書好日リュウジさんが2度目の栄冠

    料理レシピ本大賞をリポート

  • 写真

    論座「余命宣告」から1年

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン大野拓朗×ポール・スミス

    オーダースーツを初体験!

  • 写真

    Aging Gracefully増田惠子さんインタビュー

    ソロデビューして40年〈前編〉

  • 写真

    GLOBE+民主党逆転の可能性

    アメリカ中間選挙、一体何が?

  • 写真

    sippo放置されていた病気の高齢犬

    動物看護師は別れの時まで共に

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ