メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

07月18日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

刑事訴訟

関連キーワード

  • 公訴時効撤廃(2011年05月09日 朝刊)

    2010年4月の刑事訴訟法改正で、殺人や強盗殺人など人を死亡させて死刑になり得る罪の時効(15年。05年以降は25年)が撤廃された。背景には、DNA型鑑定をはじめとする科学捜査技術の向上に加えて、犯罪被害者、遺族からの強い要望があった。時効撤廃に伴う捜査体制強化のため、今年度の政府予算で地方警察官833人の増員が認められた。

  • 準抗告(2008年11月27日 夕刊)

    刑事訴訟法で、裁判官が下した決定などに対する不服申し立て制度。勾留、保釈、押収などの裁判や、捜査機関による押収処分などについて、裁判所に対し取り消しや変更を請求できる。裁判所は取り消すか、変更するか、不服申し立てを認めないか決定する。

  • 自由心証主義(2009年01月12日 朝刊)

    日本では元々刑事訴訟法318条で裁判官に対して定められ、裁判員法62条で新たに「証拠の証明力は裁判官及び裁判員の自由な判断に委ねる」とされた原則。たとえば、犯行を目撃した証人が「被告が犯人だった」と証言し、その証言を証拠とすることを決めたとき、証言の内容をどのくらい信用するのかというのは、裁判官と裁判員が自由に判断できる。ただし、有罪かどうかは自由気ままに判断できるわけではなく、証拠によって被告が有罪でないことを疑う余地がないほどの確信がなければ、有罪にはできない。自由心証とほぼ同じ考え方が、フランスの「内なる確信(intimeconviction)」。

最新ニュース

写真・図版

時代錯誤の「恩赦」抜けない刀にすればいい 小林節さん(2019/7/12)有料会員限定記事

 裁判で確定した罪を行政権の判断で覆す「恩赦」。政府は天皇の代替わりを機に今秋に実施する考えだが、批判も根強い。民主主義のもとで、恩赦という制度をどう考えたらいいのか。■小林節・慶応大名誉教授 恩赦は…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】シンプルこそ、エレガント

    ロイヤルコペンハーゲン

  • 写真

    【&TRAVEL】日立のビーチで人魚に変身!

    あの街の素顔

  • 写真

    【&M】共感で連帯するのは危険!

    価値観が異なる人同士の協働

  • 写真

    【&w】「こなれ」の作り方

    シトウレイの好きな服似合う服

  • 写真

    好書好日渋谷がつらい→老いを実感

    言葉の裏を面白く解説した辞典

  • 写真

    論座苦悩する「沖縄の保守」

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン女性部長に聞く名店

    目にもおいしい“鉄板”

  • 写真

    T JAPAN連載・私的な旅遺産 第7回

    プエブロ・インディアンの村

  • 写真

    GLOBE+最強チームはデータでつくる

    特集「評価なんてぶっとばせ」

  • 写真

    sippo猫の最期の迎え方を解説

    「その子らしさを尊重して」

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ