メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

07月09日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

刑事責任能力

関連キーワード

  • 刑事責任能力(2020年03月14日 朝刊)

    善悪を判断し、行動を制御する能力。刑法39条の規定で、犯罪行為の刑事責任を負わせるための前提となる。精神の障害が原因で事件当時、責任能力を失った「心神喪失」の状態だった容疑者・被告には刑罰を科さず、責任能力が著しく衰えた「心神耗弱」の状態だった場合は刑を軽くしなければならないと定められている。

  • 刑事責任能力(2015年05月25日 夕刊)

    刑法39条の規定で、容疑者・被告が善悪を判断する能力や自らの行動を制御する力を失っていたと判断された場合、「心神喪失」となり刑事責任を負わせることはできない。これらの力が衰えていたと判断されれば「心神耗弱」で刑を軽くしなければならない。責任能力を理由に不起訴や無罪となった場合、検察官の申し立てで入通院の手続きに移ることがある。

  • 刑事責任能力(2020年01月27日 夕刊)

    善悪を判断し、行動を制御する能力を指し、犯罪行為の刑事責任を負わせるための前提となる。刑法39条は、事件当時に責任能力を失った「心神喪失」の状態だった容疑者・被告には刑罰を科さず、責任能力が著しく衰えた「心神耗弱」の状態だった場合は刑を軽くしなければならないと定める。

最新ニュース

写真・図版

京アニ事件、鑑定留置決定 青葉容疑者、担架で出廷(2020/6/10)会員記事

 36人が亡くなった京都アニメーション第1スタジオ(京都市伏見区)の放火殺人事件で、京都地検は9日、殺人容疑などで逮捕された青葉真司容疑者(42)の事件当時の精神状態を調べるため、京都地裁に鑑定留置を…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ