メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

07月21日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

前立腺がん

関連キーワード

  • 前立腺がん(2011年01月21日 夕刊)

    精液の一部をつくる前立腺にできる。厚生労働省によると、09年の前立腺がんによる国内の死亡者は約1万人で、男性のがん死亡原因の6位。食生活や生活習慣の変化などで、患者数は20年で7倍になっている。65歳以上で発症する場合が多い。治療には手術、放射線治療、ホルモン療法などがある。

  • 重粒子線治療(2008年09月29日 朝刊)

    重粒子(炭素イオン)を加速器で飛ばし、体の奥にあるがんをたたく新しい治療烹体にメスを入れないだけでなく、一定の深さの位置にあるがんだけを集中して壊せるため、副作用も少ない。肺がんや肝臓がん、前立腺がんなどに効果がある。保険の適用外で患者は300万円ほどの自己負担が必要。国内で現在治療を行っている施設は千葉市と兵庫県の2カ所のみだが、各地で建設計画が持ち上がっている。

  • ホルモン補充療法の対象患者(2009年06月12日 朝刊)

    日本泌尿器科学会と日本メンズヘルス医学会は07年1月、LOH症候群を診療する手引を作った。この中で、男性ホルモンの一種(血中遊離型テストステロン)が、20代男性の平均分泌量の半分以下で、前立腺がんの腫瘍(しゅよう)マーカーであるPSAの値が血中1ミリリットルあたり2ナノ(ナノは10億分の1)グラム未満の男性を対象と定めた。海外ではPSAが4ナノグラム未満で実施する場合があり、実施の場合は慎重に検討する。睡眠時無呼吸症候群の患者は症状が悪化する場合あり対象外。

最新ニュース

写真・図版

沖縄)細胞大量培養し治療 バイオベンチャー企業実証へ(2018/7/20)

 バイオベンチャー企業、フルステム(那覇市、千葉俊明社長)は、同社が開発した「次世代型大量培養装置」を用いた再生医療の治療実証を、本年度から共同事業体を組む南部徳洲会病院などで開始する。 千葉社長らが…[続きを読む]

写真

  • 次世代型大量培養装置を用いた治療実証を始める(右から)フルステムの千葉俊明社長と南部徳洲会病院の赤崎満院長、同病院の向山秀樹医師、そばじまクリニックの岩畔英樹医師、南部徳洲会病院の滝吉優子医師=18日、県庁
  • グラフィック・大屋信徹
  • 世界6大マラソンを完走した記念のメダルを持つ古市武さん=2018年5月19日、埼玉県川口市
  • ダビンチを使って心臓の弁形成術をするスタッフたち。渡辺剛医師(左端)が手術台から離れた場所で機械を操作する=東京都のニューハート・ワタナベ国際病院
  • ダビンチを使って心臓の弁形成術をするスタッフたち。渡辺剛医師(左端)が手術台から離れた場所で機械を操作する=東京都のニューハート・ワタナベ国際病院
!

Amazon Pay導入記念プレゼントキャンペーン実施中

!

シンプルコースも「auかんたん決済」で

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】オフラインでも使えて安心

    英・中・韓に対応の音声翻訳機

  • 写真

    【&TRAVEL】「幸せの国」フィジー

    観光のプロに聞く魅力〈PR〉

  • 写真

    【&M】親子の絆を深める5つの絵本

    想像力と創造性が高まる!

  • 写真

    【&w】私が知らない妹の20年間

    花のない花屋

  • 写真

    好書好日和洋折衷の痛快アクション

    「BLEACH」佐藤信介監督

  • 写真

    WEBRONZA民主主義を重視しない若者たち

    民主主義とのディスコネクト

  • 写真

    アエラスタイルマガジン週末の家飲みおすすめワイン

    日々の食事を楽しめるワイン

  • 写真

    T JAPANG・マッタ=クラーク回顧展

    彼が空き家を二つに切った理由

  • 写真

    GLOBE+世界はどこに向かうのか

    朝日地球会議インタビュー

  • 写真

    sippo繁殖業者が手放した白い犬

    「もう産めないから」

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ