メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

05月25日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

埼玉県加須(かぞ)市

関連キーワード

  • 調整率の適用(2011年11月01日 夕刊)

    震災特例法で被災地に指定された地域に適用される。今回対象となるのは青森、岩手、宮城、福島、茨城、栃木、千葉の7県全域と、埼玉県久喜市、同県加須市の一部、新潟県十日町市、同県津南町、長野県栄村。被災地の土地について、昨年5月11日から今年中に相続が発生した人と、昨年1月1日から今年中に贈与を受けた人が対象となる。

  • むさしの村(2015年12月04日 朝刊)

    埼玉県加須市志多見1700の1。1969年に県内の農協が作った。園児や児童の遠足先として人気を集める。乗り物乗り放題のフリーパスは中学生以上2900円、3歳以上2300円など。ポニー乗馬や農業体験は別料金。電話は0480・61・4126。

  • 高校女子硬式野球の全国大会(2019年03月09日 夕刊)

    「甲子園」と同様、春の全国高校女子選抜大会と夏の全国高校女子選手権大会がある。ともに予選にあたるものはなく、全国高校女子硬式野球連盟の加盟校が参加できる。選抜は2000年に始まった。東日本大震災後、東日本活性化を目的に関西から関東に移り、15年の第16回以降は埼玉県加須市で行われている。全国選手権は1997年、第1回が東京都福生市で開かれた。第8回から兵庫県丹波市(当時は市島町)に定着している。選手権後の全国女子ユース大会(加須市)も大きな大会の一つ。

最新ニュース

写真・図版

埼玉)仲間と彫った羅漢30年で650体 久喜の定福院(2019/5/24)有料記事

 素人が無心に石を削る「五百羅漢を彫る会(羅漢の会)」が、埼玉県久喜市佐間の定福院で発足30年を迎えた。県内外の会員がこつこつと彫り上げた羅漢像は既に650体。好きなとき自由にノミが振るえる境内は仲間…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ