メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

08月10日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

労働保険

関連キーワード

  • 労働保険審査会(2016年06月21日 朝刊)

    厚生労働大臣のもとに置かれた組織。国会の同意を得た学者や元裁判官、医師ら専門家の委員9人が合議体を構成し、労災認定すべきか判断する。労働基準監督署や都道府県にある労働局で申請が退けられた場合、「再審査」を求めることができる。業務上の疾病と訴えた再審査請求は2015年度に336件。労災と認められたのは14件。認められない時は、裁判所に行政訴訟を起こすこともできる。

  • 労働者災害補償保険審査官(2010年08月31日 夕刊)

    厚生労働相が労働基準監督官や厚労事務官から任命し、各都道府県の労働局に配置している。労働者の死亡やけがなどに関し、労基署が労災と認めなかった場合、本人や遺族は審査官に不服の申し立て(審査請求)ができる。審査官の段階でも結論が変わらなければ、国の「労働保険審査会」に再審査を申し立てることができる。それでも覆らない場合は行政訴訟を起こせる。

  • 労働災害(2019年11月23日 朝刊)

    業務中に、仕事に関連して被災したことが条件となる「業務災害」と、通勤時に被災する「通勤災害」などがある。被災した本人や遺族が労働基準監督署に請求し、認定されれば労働保険法に基づき給付金が支払われる。企業は、労災により労働者が死亡または休業した場合は、労基署へ報告しなければならない。業務に起因する遅発性のある疾病などで死亡した場合は、職場外での死亡も業務災害に認定されることがある。長時間労働や過度なストレスが原因の病死や、うつ病などによる過労自殺も業務災害と認められるケースがある。今回、大分労働局が発表した14件はいずれも業務災害だった。

最新ニュース

写真・図版

神の教え、西成で知った コロナ禍にシスターが見たもの(2020/7/5)有料会員記事

 新型コロナウイルスと向き合う日々が続く中、暮らしの最前線で人々は何を体験し、何を学び、今後に何を生かすのか。大阪・西成で野宿者の人権を守る活動などを続ける聖母被昇天修道会西成修道院シスターのマリア・…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ