メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

01月24日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

労災保険法

関連キーワード

  • 石綿被害の救済(2010年05月15日 夕刊)

    石綿工場で働いたことが原因で石綿疾患になった場合、労災保険法に基づき、就業時の賃金に応じた休業補償や医療費などが給付される。死亡した場合、遺族年金も出る。一方、工場の周辺住民は対象外で、2006年3月施行の石綿健康被害救済吠石綿新頬に基づいて医療費と療養手当(一律月約10万円)、死亡した場合は遺族に葬祭料(約20万円)が給付される。対象疾病は中皮腫と肺がんのみ。中央環境審議会は今月、重症の石綿肺とびまん性胸膜肥厚も対象に加えるよう政府に答申した。

  • 近隣暴露(2010年05月20日 朝刊)

    石綿関連工場近くに住んだり、働いたりして石綿にさらされることをさす。工場労働者であれば、労災保険法に基づき就業時の賃金に応じた休業補償や医療費などが給付されるが、周辺住民は対象外。

  • 障害等級(2010年05月28日 朝刊)

    労働者が仕事で負傷したり病気になったりして障害が残った場合、労災保険法に基づいて国から支給される給付金の額や支給方法を決める区分。厚生労働省令の同法施行規則で、障害の程度に応じて1〜14級に分けられている。一方で顔部分に跡が残る障害については、その程度によって男性は女性より2〜5級低く分類されている。

最新ニュース

アスベスト労災事業場一覧(2020/12/17)有料会員記事

 事業場名(当時)、認定件数、取扱期間や取り扱い状況(製造業など)の順。都道府県は労災認定した労働基準監督署の所在地で、事業場の所在地と異なる場合がある。認定件数は、2019年度の労災保険法に基づく労…[続きを読む]

労災保険法をコトバンクで調べる

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ