メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

01月19日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

動物愛護

関連キーワード

  • 動物愛護センター(2011年01月21日 夕刊)

    動物愛護の啓発活動や、捨てられた犬猫の処分を目的に自治体が設けている施設。保健所が同様の業務を行う自治体もある。殺処分では二酸化炭素を充満させる処分機を使用するところが多いが、山口県下関市のように、苦痛を軽減しようと吸入麻酔を使う場合もある。環境省動物愛護管理室によると、2008年度は全国で約28万匹が殺処分された。

  • 改正動物愛護(2014年02月06日 夕刊)

    販売困難になった動物を死ぬまで飼育することを業者に義務づけた。殺処分する都道府県に対しては、ペット店やブリーダーからの持ち込みを拒否できることも明記。それまで犬は「生後40日以内」、猫は「45日以内」の販売自粛という業界内の自主規制に頼っていたが、初めて犬猫とも「生後45日以内」の販売を法で禁じた。16年9月以降は「生後49日以内」に規制を強め、最終的には欧米で主流の「生後56日以内」にすることが検討されている。

  • 県内の動物愛護施策(2014年10月25日 朝刊)

    県内で保健所業務を担う県と中核市の前橋、高崎両市のうち、すでに動物愛護センターがあるのは高崎市だけだが、県も来年度、玉村町にセンターを開く予定だ。現在は10カ所の保健福祉事務所(保健所)で行っている動物の管理などをセンターと3カ所の出張所(太田、渋川、富岡)に担わせ、終生飼育の啓発と譲渡事業を進めるとしている。県は年内着工を予定し、来年夏の開所をめざす。高崎市と同様、専門職員を配置し、ボランティアと連携して啓発や譲渡に取り組む。収容能力は犬が約50頭、猫が20〜30頭。前橋、高崎両市以外の全県から集まることから、飼い主や譲渡先を見つけるための収容期間は2週間とする。高崎のセンターは譲渡に適すると判断した犬猫は最長1年間、飼育している。

最新ニュース

写真・図版

英の伝統料理から魚が消えた ビーガンの店を訪ねて(2019/1/16)有料会員限定記事

 日本人にとって、英国のソウルフードとして真っ先に浮かぶ「フィッシュ・アンド・チップス」。白身魚のフライにフライドポテトを添えた料理は、パブの定番メニューだ。昨秋、装いを変えてオープンしたロンドン東部…[続きを読む]

動物愛護をコトバンクで調べる

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】冬をもっと快適に!

    スポット暖房でポカポカ生活

  • 写真

    【&TRAVEL】今年訪問をお薦めする城とは

    城旅へようこそ

  • 写真

    【&M】フォルクスワーゲンの原点

    初代シロッコが秘めた魅力

  • 写真

    【&w】読者プレゼント実施中!

    ほんやのほん

  • 写真

    好書好日マンガは命の次に大事なもの

    重量挙げのホープが語る漫画愛

  • 写真

    WEBRONZANHKの「共犯者たち」

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン便利な立地で気取らない店

    サクセスレストランVol.9

  • 写真

    T JAPANJ・ヴィゴ監督にまつわる2作

    傑作『アタラント号』が復刻に

  • 写真

    GLOBE+タンザニアにも「甲子園」

    アフリカの若き球児たち

  • 写真

    sippo書店街の路地に生きた猫

    ひっそり愛され25年

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ