メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月22日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

勝浦市

関連キーワード

  • あたご衝突事故(2013年06月07日 朝刊)

    08年2月19日早朝、房総半島沖で、米・ハワイから横須賀基地に向かっていた「あたご」と清徳丸(勝浦市)が衝突。清徳丸は沈没し、吉清治夫さん(当時58)と哲大(てつひろ)さん(同23)父子が行方不明になった。同年5月に第3管区海上保安本部が2人の死亡を認定した。起訴されたのはあたごの元航海長・後瀉(うしろがた)桂太郎3佐(40)と元水雷長・長岩友久3佐(39)。艦長にかわって操船する「当直士官」で、後瀉3佐が長岩3佐に当直を引き継いだ直後に事故が起きた。

  • イージス艦あたご衝突事故(2011年05月11日 夕刊)

    2008年2月19日早朝、千葉・房総半島沖で、米・ハワイから横須賀基地(神奈川県)に向かっていたあたごと清徳丸(千葉県勝浦市)が衝突。清徳丸は沈没し、吉清(きちせい)治夫さん(当時58)と哲大(てつひろ)さん(同23)父子が行方不明になった。同年5月に第3管区海上保安本部が2人の死亡を認定した。

  • 官軍塚(2013年08月14日 朝刊)

    戊辰戦争末期の1869(明治2)年1月3日夜、官軍だった熊本藩兵を乗せた船が勝浦市川津沖で難破し、百三十数人の死者が出た。地元の人たちが遭難者を救助し、供養した場所。百年忌に碑が建てられた。

最新ニュース

写真・図版

コロナ禍乗り越え勝浦落語会再開 入船亭扇海さん(2020/9/18)

 がんと闘いながら千葉県勝浦市で芸能活動を続けている落語家の入船亭扇海(せんかい)さん(68)が、コロナ禍を乗り越え、活動を再開した。勝浦市芸術文化交流センターキュステで、9月から来年1月まで毎月、5…[続きを読む]

勝浦市をコトバンクで調べる

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&Education】親でありYouTuber

    鈴川絢子さんインタビュー

  • 写真

    【&TRAVEL】有珠山、この階段を下る恐怖

    あの街の素顔

  • 写真

    【&TRAVEL】釣ったハゼの濃厚な天ぷら

    太公望のわくわく

  • 写真

    【&M】片山正通の教育論

    学生に技術を教える意味はない

  • 写真

    【&w】夫の「気遣い」にモヤモヤ

    自分を守るために〈PR〉

  • 写真

    好書好日稲垣吾郎さん、歳月への思い

    19年ぶりフォトエッセー集

  • 写真

    論座映画『ムーラン』に違和感

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン俳優・宮沢氷魚の休日

    遊び心とジャケットをはおって

  • 写真

    T JAPAN至高のブラン・ド・ノワール

    ボランジェの新コレクション

  • 写真

    GLOBE+ウイルス増殖の戦略

    解明の手がかりは「形」にあり

  • 写真

    sippo家に迎えた元野良の子猫

    懐かず悩む日々…ある日変化が

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ