メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

08月11日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

勤務医

関連キーワード

  • 医師の大学卒業後の臨床研修(2008年07月17日 朝刊)

    04年度から、医師は大学卒業後2年間、病院に所属して、内科や外科、救急医療など、様々な診療科での研修が義務づけられた。地域保健・医療研修もその一環。この制度で、大学病院に残る医師が激減。全国的に大学側が各地の病院に派遣した医師を引き揚げる動きが加速し、県内も含め、地方病院で深刻な医師不足が生じるきっかけになった。県内の人口10万人あたりの勤務医は、県平均177・9人で47都道府県で37位で全国平均より28・4人少ない。地域別では、東紀州地域が特に少なく、140・8人。

  • 県内の自治体病院(2008年09月11日 朝刊)

    06年度末の決算値によると、県内の市町村が運営する11病院の赤字額の合計は、02年度末の3倍超にあたる26億5千万円で、8病院は経常赤字だった。もともとの高コスト体質に、診療報酬のマイナス改定や勤務医の流出なども加わって経営難が加速。資金を援助する自治体の財政にまで影響を与え始めている。総務省は昨年12月、「公立病院改革ガイドライン」を策定。「黒字」化を達成するため、病院の再編や診療科の削減などを求めている。

  • 日本医師会(2012年02月16日 朝刊)

    開業医や勤務医、研修医など全国の医師約16万6千人で構成する社団法人。医療や保健、福祉の各施策について検討し、提言する。会長の任期は2年で、約7万人の会員を擁する政治団体「日本医師連盟」のトップも兼ねる。会長選では、各都道府県医師会の会員数に応じて人数が割り当てられている計357人の「代議員」が投票できる。

最新ニュース

大分)コロナ2人感染確認 福岡県関連で感染か(2020/8/1)

 大分県は31日、佐伯市の70代の無職女性と、中津市の20代の男性会社員が新型コロナウイルスに感染したと発表した。いずれも福岡県との関連で感染した可能性があるとみて感染経路を調べている。県内の感染者は…[続きを読む]

勤務医をコトバンクで調べる

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ