メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月30日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

北川正恭

関連キーワード

  • 県のRDF事業(2008年08月11日 朝刊)

    RDFは生ごみやプラスチックなどのごみを砕いて乾燥、成形したもの。発電などの燃料に使う。比較的長期の保管が可能なことなどから「夢のリサイクル」といわれ、北川正恭前知事の時代に推進された。県が建設した桑名市多度町のRDF焼却発電施設に6団体がそれぞれに製造したRDFを持ち込んでいる。02年に稼働したが、03年8月には消防士ら7人が死傷する爆発事故が発生。今年に入ってからもボイラーやタービンが自動停止するなど事故が続いている。売電単価の下落など一度も黒字を計上していない。

  • マニフェスト大賞(2011年02月25日 朝刊)

    早稲田大学マニフェスト研究所所長の北川正恭・前三重県知事らの提唱で2006年に始まった。地方自治体の首長や議員、地域主権を支える市民の活動実績を募集して表彰する。政策重視の地方政治を進める人や団体に名誉を与え、さらなる政策提言を促す狙いだ。県内では、首長部門のグランプリに第2回で松沢成文知事、第4回で海老根靖典・藤沢市長が選ばれた。ベスト・ホームページ賞や最優秀政策提言賞でも県議や市議が受賞している。市民部門では、第5回で川崎市の県立麻生高校が、10年の参院選の際にマニフェストを政党に提案して模擬投票につなげた実績を評価されて受賞している。

  • 芦浜原発計画(2014年02月11日 朝刊)

    中部電力が南伊勢町(旧南島町)古和浦と大紀町(旧紀勢町)錦にまたがる芦浜に原発建設を計画した。1963年11月に公表、一度は闘争が収まるものの、80年代後半から再び激化。古和浦では漁協が推進、反対で二分された。2000年2月22日に北川正恭知事(当時)が中電に計画撤回を求め、計画が取り下げられた。

最新ニュース

写真・図版

芦浜原発反対貫いた夫婦 長編版映画を初上映へ(2020/9/8)有料会員記事

 三重県南部の熊野灘沿岸で、かつて中部電力が建設しようとした芦浜原子力発電所。その反対運動の中心となり、最後まで反対の姿勢を貫き通した夫婦の生き様を描いたドキュメンタリー映画「原発夫婦」の長編版(78…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&Education】プログラミング教育の本質

    利根川裕太さんが語る

  • 写真

    【&M】常にやるべきことを中心に

    輝いている人の生き方

  • 写真

    【&TRAVEL】美食とスターを巡る香港の旅

    身も心も大満足!

  • 写真

    【&M】国産バンコン最大の室内空間

    「救急車ベース」のすごい実力

  • 写真

    【&w】コロナ禍で気づいた「愛」

    ハンバート ハンバート

  • 写真

    好書好日生きやすい街求めドイツ移住

    香山哲「ベルリンうわの空」

  • 写真

    論座クマを森から出さないために

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンいい作品との出合いに感謝

    女優・石橋静河の現在

  • 写真

    T JAPAN馬に魅せられた注目の美術家

    今月の必見アート展3選

  • 写真

    GLOBE+ボトムアップ型で変わる医療

    私たち抜きに決めないで

  • 写真

    sippoみんな大好きパンケーキ!

    米粉で作る簡単犬おやつレシピ

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ