メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

06月20日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

北欧諸国

関連キーワード

  • スウェーデンの若者と政治進出(2010年12月29日 朝刊)

    スウェーデン(人口約900万人)は選挙権、被選挙権とも18歳から。今年選ばれた国会議員(定数349)の平均年齢は47歳で、4年前の前回総選挙より、1歳近く若返った。18〜24歳は4人、25〜29歳も13人いる。アベルさんを登用したスウェーデンのラインフェルト首相は45歳ながら、すでに首相2期目。北欧諸国では若い世代の政治指導者が増えており、フィンランドのキビニエミ首相は42歳、デンマークのラスムセン首相は46歳だ。一方、日本の衆院事務局によると、昨年8月の総選挙で選ばれた衆院議員が同9月16日に初登院した時点での平均年齢は、52歳7カ月。

最新ニュース

ローマはニューヨークより生き生きとしていた(2019/6/5)

スラム化する米国 4月下旬から5月上旬にかけてニューヨークとローマを続けて訪れた。経済大国アメリカの首都ニューヨークと2千年以上の歴史を持つローマは、ある意味で、対照的な都市であるということができるの…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ