メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

08月04日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

医療保険

関連キーワード

  • 米国の医療保険制度(2009年10月15日 朝刊)

    国民皆保険ではなく、公的保険は高齢者向け(メディケア)と低所得者向け(メディケイド)があるだけ。大半は企業単位や個人で加入する民間保険に頼る。医療過誤訴訟を避けるため過剰医療となる傾向があり、国民1人あたり医療費は経済協力開発機構(OECD)加盟国で最高。それに伴い、保険料も高額になりがちだ。メディケイドを受けるには所得が高すぎるが、民間保険の掛け金は払えない、という無保険者が社会問題化している。

  • 現役世代の公的医療保険(2009年03月31日 朝刊)

    一般企業の組合健保や協会けんぽ(旧政府管掌健康保険)などの被用者保険と、自営業者や無職者が対象の国保がある。失職して被用者保険の資格を失った人は、市町村で国保に加入しなければならない。だが、派遣会社の寮を退去させられるなど住まいのない人は国保に加入しようにも、住民登録をしていないことが壁となる。また、市町村ごとに決められる国保の保険料は被用者保険より高いことが多い。失業後2年間は被用者保険を利用できる任意継続制度もあるが、事業所と折半していた保険料が全額自己負担となる。

  • 米国の医療費と医療保険改革(2009年08月23日 朝刊)

    米国の1人あたり医療費は日本の2.7倍で、経済協力開発機構(OECD)加盟国中で最も高い。医療過誤訴訟を回避するため過剰医療の傾向になり、医療費が高騰した。だが、国民皆保険ではなく、公的保険制度は高齢者向けと低所得者層向けのみで、残りは民間の市場原理任せ。無保険者は人口の15%にあたる約4600万人。貧困層向けの公的保険を受けるには所得が高すぎるが、民間保険の掛け金を払えない人々で、問題となってきた。90年代前半にクリントン政権が目指した改革は挫折。オバマ政権は無保険層の救済のため、新たな公的保険制度を設け、民間保険の加入基準も緩和させる案を打ち出した。

最新ニュース

写真・図版

コロナ禍に児童ポルノ見て目覚め 身近に潜む小児性愛者(2020/8/1)有料会員記事

 小さな子どもを性の対象とする「小児性愛障害」。その犯罪のおぞましさから、どうすれば防げるのか、社会的議論につながりにくい。一方で、ふだんから子どもと接する職場に小児性犯罪者がまぎれているという実態が…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&Education】親でありYouTuber

    鈴川絢子さんインタビュー

  • 写真

    【&TRAVEL】絶景温泉で空中散歩気分

    楽しいひとり温泉

  • 写真

    【&TRAVEL】真っ白に乾いたウユニ塩湖

    1日1旅

  • 写真

    【&M】軸のない人生に感じる不安

    読者の悩みに寄り添う映画とは

  • 写真

    【&w】夢の中で作ったドーナツ

    きっとこれが私の天職なのだ!

  • 写真

    好書好日「とびだす絵本」の定番!

    斉藤幸一さんの立体の作り方

  • 写真

    論座被爆3世を撮る(1)

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンバーニーズ ニューヨークの

    30周年記念アニバーサリー!

  • 写真

    T JAPANバレンシアガのIt Bag

    アイコンバッグがリニューアル

  • 写真

    GLOBE+血液でデータベースを作成

    遺伝子レベルで進む中国の監視

  • 写真

    sippo保護された秋田犬

    家族になって6年、訪れた変化

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ