メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

05月26日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

医療従事者

関連キーワード

  • AED(2015年01月09日 夕刊)

    2004年7月の厚生労働省通知で、医療従事者以外でも使えるようになった。約40万台が一般向けに販売され、駅や学校などに設置されている。総務省消防庁によると、13年の1年間に2万5469人が心臓が原因で心肺停止状態になり一般人に発見されたが、AEDで電気ショックを与えられたのは3.6%の907人。一方、AEDが使われた人の1カ月後生存率は同年、初めて50%を超え、使われなかった人に比べて4.8倍高い数字だった。

  • 移植コーディネーター(2009年07月24日 朝刊)

    臓器提供の候補者が出た際に、その患者がいる病院に駆けつけ、家族への説明や承諾の意思確認などを行うほか、移植チームとの調整に当たる。日常的には、移植を希望する患者登録やデータ管理、移植医療の普及啓発も行う。医師や看護師、薬剤師などの医療従事者の資格があるか、4年制大学を卒業していることが要件。日本臓器移植ネットワークが養成するが、特定の資格ではない。ネットに所属する21人のほかに、委嘱を受け各都道府県で活動する約50人がいるが、地位や処遇はそれぞれ異なる。医療機関に所属する院内コーディネーターも全国に約1500人いる。

  • 欧州主要国のワクチン接種対象(2009年09月18日 朝刊)

    各国とも、ワクチン接種の優先対象者は、乳幼児、医療従事者、持病がある人などが中心。独仏伊では警察官や消防士が優先リストに加えられている。伊では、水道・電気・電話などのサービス従事者も対象。日本では今月4日、厚生労働省がワクチン接種の優先順位に関する計画案を発表。「最優先」は医療従事者、妊婦、持病がある人、幼児と乳児の両親、「優先」は小・中・高校生、高齢者としている。

最新ニュース

4回目接種、始まる 60歳以上、基礎疾患ある人対象 コロナワクチン(2022/5/26)

 新型コロナウイルスワクチンの4回目接種が25日、全国各地で始まった。重症化を防ぐことが狙いで、対象は3回目の接種から5カ月が経った人のうち、60歳以上の人、18~59歳で基礎疾患がある人、医師が重症…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&Travel】地酒とミシュランの美食競演

    楽しいひとり温泉 新潟

  • 写真

    【&w】母となべちゃんの友情に

    花のない花屋

  • 写真

    【&Travel】写ったのは薄れかけた記憶

    永瀬正敏フォト・ワークス

  • 写真

    【&M】なぜ武勇伝を語りたがるのか

    会議のチカラ

  • 写真

    【&w】社会の死角と女性同士の絆

    ほんやのほん

  • 写真

    好書好日鎌倉で「ショート」の技競う

    フルポン村上の俳句修行

  • 写真

    論座阿武町事件は警察の勇み足

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン【時計は人なり。】

     第13回「ROLEX」

  • 写真

    Aging Gracefully韓流上品美人顔に

    素材をいかしたメイク

  • 写真

    GLOBE+プーチン氏の隠し資産追跡

    なぜ難しいのか、ヒントは…

  • 写真

    sippo子どもの心の扉を開く動物

    児童発達支援センターの試み

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ