メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

06月27日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

医療従事者

関連キーワード

  • AED(2015年01月09日 夕刊)

    2004年7月の厚生労働省通知で、医療従事者以外でも使えるようになった。約40万台が一般向けに販売され、駅や学校などに設置されている。総務省消防庁によると、13年の1年間に2万5469人が心臓が原因で心肺停止状態になり一般人に発見されたが、AEDで電気ショックを与えられたのは3.6%の907人。一方、AEDが使われた人の1カ月後生存率は同年、初めて50%を超え、使われなかった人に比べて4.8倍高い数字だった。

  • 移植コーディネーター(2009年07月24日 朝刊)

    臓器提供の候補者が出た際に、その患者がいる病院に駆けつけ、家族への説明や承諾の意思確認などを行うほか、移植チームとの調整に当たる。日常的には、移植を希望する患者登録やデータ管理、移植医療の普及啓発も行う。医師や看護師、薬剤師などの医療従事者の資格があるか、4年制大学を卒業していることが要件。日本臓器移植ネットワークが養成するが、特定の資格ではない。ネットに所属する21人のほかに、委嘱を受け各都道府県で活動する約50人がいるが、地位や処遇はそれぞれ異なる。医療機関に所属する院内コーディネーターも全国に約1500人いる。

  • 欧州主要国のワクチン接種対象(2009年09月18日 朝刊)

    各国とも、ワクチン接種の優先対象者は、乳幼児、医療従事者、持病がある人などが中心。独仏伊では警察官や消防士が優先リストに加えられている。伊では、水道・電気・電話などのサービス従事者も対象。日本では今月4日、厚生労働省がワクチン接種の優先順位に関する計画案を発表。「最優先」は医療従事者、妊婦、持病がある人、幼児と乳児の両親、「優先」は小・中・高校生、高齢者としている。

最新ニュース

写真・図版

シリア、狙われる医療施設 政権軍攻勢、「戦争犯罪だ」(2019/6/20)有料記事

 シリア内戦をめぐり、反体制派の最後の大規模拠点、北西部イドリブ県で医療施設を狙った攻撃が相次いでいる。本来、こうした施設の安全確保のために国連が仲介して位置情報を関係国間で共有する仕組みが悪用されて…[続きを読む]

医療従事者をコトバンクで調べる

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ