メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

05月30日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

半導体

関連キーワード

  • 日本の半導体産業(2012年02月08日 夕刊)

    パソコンなどの記憶装置に使われる「DRAM」は、エルピーダメモリが世界シェア3位。同じく記憶機能を持ち、携帯音楽プレーヤーなどに入っている「フラッシュメモリー」は、東芝が韓国・サムスン電子とトップシェアを競う。これらのデータ保存向け半導体と、コンピューターの「頭脳」である演算処理機能を持つ半導体を一つのチップにまとめたのが「システムLSI」。スマートフォンなどのデジタル機器や自動車など様々な機器に使われている。

  • 半導体製造装置(2013年10月01日 朝刊)

    携帯電話やテレビ、自動車に使われる半導体は「基板に回路を焼きつける」「配線部分に金属の膜をつくる」など工程ごとに違う製造装置が必要で、装置づくりを担うのが半導体製造装置メーカーだ。半導体メーカーに装置を供給する。得意とする製造装置は各社で異なり、1種類だけを得意とする企業も多い。大手の米アプライドマテリアルズや東京エレクトロンなどは複数の装置をつくる。製造装置業界では、国内勢が世界シェア約4割を占める。多くの半導体を使うデジタル機器の主役がスマートフォンやタブレットなど携帯端末に移るなか、半導体も小型化や高機能化が求められ、製造装置の開発費用も膨らんでいる。

  • 半導体メモリー(2014年04月17日 朝刊)

    電子機器の記憶媒体で、現在は「DRAM」と「NAND型フラッシュメモリー」が主流。DRAMは書き込みや呼び出しが速いが、電気が流れないと情報が消える。NAND型は電気がなくても情報が消えないのが特徴で、SDカードやUSBメモリーに使われる。「MRAM」は電力消費が少なく、書き込みもDRAMの10倍ほど速くなると期待される。

最新ニュース

(社説)企業の支援 再建可能性の見極めを(2020/5/24)

 企業の経営を支えるために、10兆円超の資本支援をする提言を、自民党がまとめた。低利融資だけでなく、資本注入にも乗り出す内容だ。コロナ禍が長期化すれば、体力がある大企業でも資本不足で経営が行き詰まりか…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ