メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

02月18日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

卑弥呼

関連キーワード

  • 卑弥呼の死(2011年05月03日 朝刊)

    倭人伝には「卑弥呼以て死す。大いに冢を作る。径百余歩、徇葬する者、奴婢百余人」とある。冢とは塚のこと。「以」の解釈には諸説あり、「すでに」と読むほか、「思うに」と読んで、自分の死を思って生前から墓をつくらせたと考える説もある。殉死を思わせる記述については、その明確な痕跡はないとして疑問視する見方もある。

  • 卑弥呼と金印(2012年09月04日 朝刊)

    中国の歴代王朝は古来、周辺国と主従関係を結び、そのあかしとして印を与えた。魏が卑弥呼に与えた金印は、東夷(とうい)の辺境に位置した倭国には破格の待遇ともいわれる。中央アジアの大国、大月氏(だいげっし)(クシャン朝)の王への「親魏大月氏王」印との比較から、政治力学の産物、あるいは、魏と対立していた呉への牽制(けんせい)をねらったとの見方もある。

  • 箸墓古墳(2008年12月12日 朝刊)

    国内最古級の大型前方後円墳とされる。近年、土器の年代分析などから造営時期が3世紀中ごろまでさかのぼる可能性が強まり、248年ごろ亡くなったとされる卑弥呼の墓として有力視されている。宮内庁が管理しており、墳丘の本格的な発掘調査は実施されていない。

最新ニュース

写真・図版

古墳の警告 「卑弥呼の鏡」の陰に(2020/2/18)有料記事

■災害考古学 第7部 1993年、神戸市灘区の西求女塚(にしもとめづか)古墳(国史跡)は大きな注目を集めていた。 女王卑弥呼が中国・魏(ぎ)の皇帝からもらった鏡とも言われる「三角縁神獣鏡(さんかくえん…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&AIRPORT】空の上のレストランで舌鼓

    フィンエアーで過ごす極上の旅

  • 写真

    【&TRAVEL】中世の家屋が残る村にて

    トスカーナで出会ったネコたち

  • 写真

    【&M】どうせやるならめんどくさく

    ラップユニットchelmico

  • 写真

    【&w】「愛着」は必ず誰かの思い出に

    東京の台所

  • 写真

    好書好日「電車らしい音」を絵本に

    エッセイスト三宮麻由子さん

  • 写真

    論座治療用アプリ、保険適用へ

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンあのブランドが復活!

    春の装いにピッタリの一着

  • 写真

    T JAPAN温泉宿から雪国文化を発信

    伝統料理のワークショップも!

  • 写真

    GLOBE+謝罪会見でスッキリ、なぜ?

    カギを握るシャーデンフロイデ

  • 写真

    sippo廃車に閉じ込められた猫

    窓の水滴のみで1カ月生存

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ