メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

07月24日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

南あわじ市

関連キーワード

  • 鳴門の渦潮(2012年10月31日 朝刊)

    鳴門の渦潮は、幅約1.3キロと急激に狭くなる海峡に、潮の干満によって最大時速約20キロの潮流が流れ込んで発生するとされるが、詳しいメカニズムは分かっていない。南あわじ市によると、最大時の渦潮の直径は30メートルにもなるとされる。

  • 淡路人形浄瑠璃(2012年05月13日 朝刊)

    南あわじ市で発祥。室町時代末期、西宮神社(西宮市)の人形遣い「百太夫」が三條村(現南あわじ市)の豪農、引田家にとどまり、技を伝えたと言われる。江戸時代には40以上の人形座が全国を巡業した。淡路島出身で文楽の創始者・植村文楽軒も淡路人形浄瑠璃に親しんだとされる。明治以降、多くの座が消えたが、郷土芸能を守るため1964年に「淡路人形座」が発足。南あわじ市の大鳴門橋記念館で上演を続ける。

  • 明兆(2012年08月21日 朝刊)

    淡路国津名郡物部庄(ものべしょう)(現・洲本市)で生まれた。幼少の頃に西来寺に出家し、三原郡八木(現・南あわじ市)の安国寺の大道一以(だいどういちい)和尚のもとで修行しながら絵を学んだ。その後、京都・東福寺の管長になった大道和尚について京に上り、東福寺の専属絵師に。室町時代の画僧、雪舟に影響を与えたとの説もある。

最新ニュース

写真・図版

兵庫)南あわじ市の成相川でホタル舞う(2019/6/4)

 兵庫県南あわじ市の成相(なりあい)ダム上流の成相川で、初夏の風物詩のホタルが川面を盛んに飛び交っている。この川に架かるホタル橋周辺の河原で5月30日夜、ホタルの群れが光のダンスを繰り広げる様子を撮影…[続きを読む]

南あわじ市をコトバンクで調べる

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&D】おいしいパンと絶景に出会う

    河口湖、鎌倉、飯能

  • 写真

    【&TRAVEL】富山名物といえば?

    「ますのすし」の手作り体験

  • 写真

    【&M】シャバシャバのルーにゴロリ

    インドカレーカーマ(神保町)

  • 写真

    【&w】今夏は粋に。大人の浴衣

    店で

  • 写真

    好書好日人生の“痛み”赤裸々に

    三浦瑠麗さんが自伝的エッセイ

  • 写真

    論座成長促す?ダイバーシティー

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンサクセスレストラン⑫

    上質なステーキをがっつりと

  • 写真

    T JAPAN絶品! トリュフのオムレツ

    松涛『オステリア アッサイ』

  • 写真

    GLOBE+「住みたい街」のリアル

    政治記者、ポートランドを歩く

  • 写真

    sippoほのぼの老犬「おじいわん」

    やさしい顔でぽてぽて散歩

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ