メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月18日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

南京大虐殺

関連キーワード

  • 南京大虐殺(2010年12月03日 夕刊)

    日中戦争が始まって5カ月後の1937年12月13日、旧日本軍が中華民国国民政府の首都だった南京を制圧し、捕虜や一般市民を殺害するなどした。犠牲者数を中国側は「30万人」と主張する一方、日本側の研究者は「4万〜20万人」とする見方が多い。

  • 南京大虐殺の犠牲者数(2009年12月03日 夕刊)

    1937(昭和12)年12月13日、中華民国国民政府の首都だった南京を日本軍が制圧し、捕虜や一般市民を殺害するなどした。犠牲者数を中国側は「30万人」と主張する一方、日本側の研究者は「4万〜20万人」とする見方が多い。外務省はホームページで「日本軍の南京入城後、多くの非戦闘員の殺害や略奪行為などがあったことは否定できない。しかし、被害者の具体的な人数については諸説あり、政府としてどれが正しい数かを認定することは困難」との見解を掲載している。

  • 南京事件(南京大虐殺(2012年07月18日 朝刊)

    旧日本軍が1937年12月、中華民国国民政府の首都・南京を制圧するなか、多数の捕虜や市民らを殺害するなどした事件。犠牲者数について、中国側は「30万人」と主張。日本側では「4万〜20万人」とする研究者が多く、笠原名誉教授は「十数万〜20万人」とみる。それぞれ事件の対象区域や期間の定義が異なり、史料の数字も、どう評価するかで判断が分かれている。

最新ニュース

写真・図版

愛知)家永教科書裁判を長年支援 野田義光さん死去(2019/9/18)有料記事

 歴史家の故・家永三郎氏が国の教科書検定を問うた裁判の有力支援者だった野田義光さんが6月20日、名古屋市守山区の自宅で老衰で亡くなった。86歳だった。傍聴に60回以上通って独自のミニコミ誌で伝えるなど…[続きを読む]

南京大虐殺をコトバンクで調べる

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ