メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

07月04日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

南伊豆町

関連キーワード

  • 無医地区(2010年11月28日 朝刊)

    「無医地区」は、おおむね半径4キロ以内に50人以上が居住し、容易に医療機関を利用することができない地区のこと。住民が50人未満の場合は「準無医地区」になる。2009年時点で、県内の無医・準無医地区は5市町の計18カ所。南伊豆町や島田市など県内全域にあり、04年から3カ所増えている。医師不足を背景に、医療機関が空白となる地区は増える見込みだ。

  • 共立湊病院問題(2010年10月27日 朝刊)

    南伊豆町湊にある現病院は、老朽化と耐震の関係で2003年に建て替え問題が持ち上がった。地元での建て替えか下田市への移転かで平行線をたどったため第三者機関が、下田市への移転、新築を決めた。指定管理者を公募し、市内の医療法人に決めたが、昨年12月に辞退。現指定管理者の地域医療振興協会は公募に応じず、契約更新にも難色を示した。新指定管理者を探した結果、今年7月にJMAが引き受けることになった。JMAは、県内ではへき地医療などの実績がなく、税制面で優遇される社会医療法人として認定されない。このため、JMAは県内にある医療法人を継承する形で新たな法人を立ち上げて対処する。

最新ニュース

写真・図版

南伊豆に杉並区の特養施設 ウィンウィン計画に思わぬ壁(2020/5/15)有料会員記事

 慣れ親しんだ都内を離れて、高齢者に地方へ移り住んでもらう。これは本人にとっても、都会の自治体にとっても望ましい「ウィンウィン関係」なのか――。区役所から200キロ余り離れた場所に、東京都杉並区が建て…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ