メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

02月17日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

脱法ドラッグ、改め「危険ドラッグ」

関連キーワード

  • 危険ドラッグ(2015年04月05日 朝刊)

    興奮や幻覚作用を引き起こす化学物質を含んだ粉末や液体で、植物片に付着させたものが主流。医薬品医療機器吠旧薬事頬で規制され、厚生労働省は現在1400種類以上を違法成分として指定している。

  • 危険ドラッグと都道府県(2014年08月23日 朝刊)

    東京都は全国に先駆けて2005年に製造、販売を禁止する条例を施行。6都府県が薬物乱用防止条例で独自に規制している。警察官や麻薬取締官だけでなく、各都道府県の麻薬取締員も違法な危険ドラッグを取り締まれる。

  • 大阪府立公衆衛生研究所、大阪市立環境科学研究所(2016年08月19日 夕刊)

    いずれも感染症や食中毒の原因を特定したり、食品添加物や残留農薬の検査をしたりする。公衛研は国内流通前の危険ドラッグを合成して分析するなど、全国81カ所ある地方衛生研究所の中でも屈指の高い機能を持つ。公衛研は106人、環科研は75人(ともに今年4月時点)の職員を抱える。両研究所の統合に関する議案は府議会で2013年12月、市議会では今年3月に可決された。来年4月の統合とともに、地方独立行政法人となる。

最新ニュース

新書ピックアップ(朝日新聞2018年11月10日掲載)(2018/11/15)

『凶暴老人』  副題は〈認知科学が解明する「老い」の正体〉。ギョッとするようなタイトルとは裏腹に、認知科学の専門家が実証実験をもとに「老い」の正体を解き明かす。加齢でどんな認知の変化が生じるか、高齢者…[続きを読む]

危険ドラッグをコトバンクで調べる

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】自宅で本格的なおつまみを

    いろんなものを燻製できちゃう

  • 写真

    【&TRAVEL】ヒマラヤ・トレッキングへ

    再び「12万円で世界を歩く」

  • 写真

    【&M】居心地のいい室内に足まわり

    やっぱりオフロードが似合う

  • 写真

    【&w】世界2位の実力派ピッツァ

    ワインバル・クルージング

  • 写真

    好書好日室町ブームの先駆者が新作

    朝松健さん「一休シリーズ」

  • 写真

    WEBRONZA水道法改正と沖縄の水汚染

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンマッシュポテトの絶品レシピ

    バターとオリーブの豊かな香り

  • 写真

    T JAPANシャンパーニュの芸術品

    「ペリエ ジュエ」の美しさの秘密

  • 写真

    GLOBE+恋チュン王女のドタバタ

    タイ政治を元特派員が読む

  • 写真

    sippo映画「ねことじいちゃん」

    柴咲さん「まるで猫セラピー」

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ