メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

06月23日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

厚生連

関連キーワード

  • JA栃木厚生連(2008年12月12日 朝刊)

    正式名称は栃木県厚生農業協同組合連合会。出資金5億1千万円を、県内各農協が負担している。県内で塩谷総合病永矢板市)、下都賀総合病永栃木市)、石橋総合病永下野市)などを運営している。上部組織は、全国厚生農業協同組合連合会(JA全厚連)。大正時代に島根県で、医者のいない農村に低価格の医療を提供する活動をしたのが事業の始まりとされる。1948年に農業協同組合法にもとづく全国組織になった。08年5月現在、傘下には119病院と60診療所がある。

  • 佐久総合病院の再構築(2008年07月04日 朝刊)

    佐久市臼田(旧臼田町)にある現病永821床)が老朽化し、手狭になったため、JA長野厚生連が「地域医療センター」と、高度専門医療や救命救急医療を担う「基幹医療センター」に機能を分けて新設する計画。地域医療センターは現在地で建て替える。基幹医療センターは同市役所近くに用地を確保したが、市は病院が建設できない工業専用地域であり、1キロの距離に市立国保浅間総合病院があり医療の適正配置を崩すと反対している。

  • 県立大野病院と双葉厚生病院の統合(2010年06月04日 朝刊)

    2011年4月、県立大野病院はJA福島厚生連が運営する双葉厚生病院に統合し、経営は同厚生連に移管される。統合病院は双葉地域の中核病院として両施設とも存続し、大野病院には救急センターを配置、双葉厚生病院は地域医療総合センターと位置づけて健診と訪問看護支援の拠点を置くことが計画されている。

最新ニュース

写真・図版

とよたエコフルタウン、博物館に機能移転集約へ 愛知(2021/6/17)

 愛知県豊田市は、内閣府選定「SDGs未来都市」としての看板施設で、先進技術や持続可能な社会に向けた市の取り組みを体験できる「とよたエコフルタウン」について、新築工事が進む市博物館に機能移転する方針を…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ