メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月21日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

原子力安全委員会

関連キーワード

  • 原子力安全委員会(2011年12月18日 朝刊)

    国や電力事業者を指導する権限を持ち、経産省原子力安全・保安院が審査した内容を国や電力事業者から独立した中立的な立場でさらに審査する。内閣府に置かれている。来年4月に原子力安全庁(仮称)が環境省に設置されるのに伴い、同庁の安全規制全体をチェックする原子力安全審議会(仮称)となる見通し。

  • 原爆被爆者対策基本問題懇談会(2010年10月25日 朝刊)

    1978年、韓国人の被爆者健康手帳交付を巡る訴訟の最高裁判決で「原爆医療法には、国家補償的配慮が根底にある」と判断されたことをきっかけに被爆者対策の理念を明確にするため設置された。委員(全員故人)は、茅誠司・東京大名誉教授(座長)▽大河内一男・東京大名誉教授▽緒方彰・NHK解説委員室顧問▽久保田きぬ子・東北学院大教授▽田中二郎・元最高裁判事▽西村熊雄・元フランス大使▽御園生圭輔・原子力安全委員会委員の7人。

  • 飲料水の摂取制限指標(2011年03月27日 朝刊)

    原子力安全委員会が定めており、厚生労働省によると、この基準を超える放射性物質が飲料水から測定された場合、長期的な飲用は控えた方がよい。ただし、代替できるものが無い場合は、摂取してもすぐに健康被害がでることはないという。放射性ヨウ素の場合は、1リットル中に300ベクレル以上、1歳半までの乳児は1リットル中に100ベクレル以上が検出されると制限がかかる。

最新ニュース

核燃料サイクルはマネーもぐるぐる回る(2019/10/14)

 日本の原子力政策の骨格を形作る核燃料サイクル事業は、青森県六ケ所村の再処理施設がほとんど動かないことに象徴されるように、完全な失敗の歴史を刻みつつある。同じ原子力をめぐるサイクルの話でも、汚染された…[続きを読む]

原子力安全委員会をコトバンクで調べる

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ