メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

11月28日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

原子核

関連キーワード

  • 陽子線治療(2015年11月24日 朝刊)

    粒子線治療と呼ばれる治療のひとつで、水素の原子核(陽子)を加速させ照射する。ほかにも陽子より重い炭素を利用する重粒子線治療がある。9月現在、日本には陽子線の治療施設が10カ所、重粒子線の治療施設が4カ所ある。粒子線治療は厚生労働省の「先進医療」に指定されており、照射のための約300万円の費用は自己負担になるが、検査代や入院費などには公的医療保険が適用される。

  • 陽子線がん治療(2009年09月19日 朝刊)

    水素の原子核を加速してがん細胞にあてる放射線療烹がん細胞だけを集中的に治療でき、副作用が少なくてすむ。公的医療保険がきかない先進医療のため、患者の自己負担は約300万円と高額。治療施設は、炭素の原子核を使った重粒子線の施設と合わせて全国に7カ所ある。

  • 臨界(2010年05月08日 夕刊)

    核分裂の連鎖反応が安定した状態で続くこと。原子炉にとって特別重要な段階で、実質的に動き出したといえる。プルトニウムなど核物質の原子核に中性子がぶつかると核分裂が起きる。核分裂の際に発生する熱で電気を起こすのが原子力発電だ。もんじゅの場合、核分裂で一つの原子核から中性子が新たに平均3個飛び出す。この中性子がさらに別の原子核にぶつかって核分裂を起こし……と続く。中性子を吸収する制御棒を徐々に引き抜いてその数が一定になるように調整し、核分裂の連鎖反応が安定的に保たれた状態が「臨界」。コピー機に例えれば、スイッチを入れることが制御棒を引き抜く作業にあたり、機械が温まってコピーできる状態になったのが「臨界」だ。

最新ニュース

写真・図版

政府の廃炉対応は「不真面目」 規制委前トップの直言(2020/11/18)会員記事

 東京電力福島第一原発事故の直後、原子力を推進した科学者として国民に謝り、その後は全国の原発の安全対策を審査する組織のトップとなり、再稼働を認めた。いま、ふるさとの福島県で復興に携わる田中俊一さん(7…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&Education】本上まなみの暮らしと子育て

    様々な選択肢を自由にチョイス

  • 写真

    【&TRAVEL】川のワイン飲むイベント

    オンライン参加者募集

  • 写真

    【&TRAVEL】光秀イメージしたパフェも

    にっぽんの逸品を訪ねて

  • 写真

    【&M】家族みんなが幸せな家庭が夢

    この夢は幻想ですか?

  • 写真

    【&w】考える前に、歌っちゃえ!

    小西真奈美さんインタビュー

  • 写真

    好書好日令和によみがえった黒井ミサ

    エコエコアザラクREBORN

  • 写真

    論座バス停女性死亡と携帯電話

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン編集長の見立て #37

    腕時計は何を選ぶのが正解か

  • 写真

    T JAPAN大人のための名品オイル

    ハイスペックな9品を厳選

  • 写真

    GLOBE+ペットをもっと魅力的に

    今すぐ使える撮影テクニック

  • 写真

    sippo乃木坂46 北野日奈子さん

    夢をくれた、愛犬との14年

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ