メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

11月19日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

受精卵

関連キーワード

  • 受精卵診断(2012年07月11日 夕刊)

    体外受精させた受精卵が4〜8個の細胞に分裂した段階で、遺伝子や染色体を調べ、異常のない受精卵を子宮に戻す技術。「着床前診断」とも呼ばれる。羊水中の胎児の細胞などを調べる出生前診断と違い、妊娠前に調べられる。日本産科婦人科学会は対象を重い遺伝病や染色体異常が原因の習慣流産などに限っている。

  • 受精卵検査(2015年01月21日 朝刊)

    特定の遺伝子や染色体を調べる「着床前診断」と、全染色体を調べるPGSがある。今回認められたPGSの臨床研究はまず3年間実施する。対象は体外受精を3回以上しても妊娠しなかったか、流産を2回以上経験した女性など。

  • 胚培養士(2009年02月21日 夕刊)

    シャーレ内で精子と卵子を混合して受精を促したり、顕微鏡を使って精子を卵子に注入したりする作業のほか、受精卵の培養、精液検査、精子の凍結保存などを担う技術者。英語名で「エンブリオロジスト」とも呼ばれる。国家資格ではないが、独自の認定資格を出している学会もある。現場では臨床検査技師などの国家資格者が兼務する場合も多い。

最新ニュース

写真・図版

和歌山)マグロに続きウナギも完全養殖へ 近大水産研(2019/11/8)有料記事

 絶滅の恐れがあると国際機関に指定されたニホンウナギを食卓へ安定供給できるようにしようと、近畿大学水産研究所は和歌山県那智勝浦町浦神の実験場で完全養殖へ向けた研究をしている。2日に地元住民や学生らを対…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】2歳4歳。幼稚園か保育園か

    東京の台所

  • 写真

    【&TRAVEL】ウィーンだけで50軒以上!

    ベートーベンが暮らした家巡り

  • 写真

    【&M】吉野彰さんノーベル賞で注目

    キャンピングカーの電力解決?

  • 写真

    【&w】職人技が光るミニチュア展

    たばこと塩の博物館で開催中

  • 写真

    好書好日言語越え「同じ」繋がる瞬間

    翻訳家・岸本佐知子さん

  • 写真

    論座老後レス社会を生き抜く条件

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン岸谷五朗 男と酒。

    “魅惑の街”新宿を徘徊する。

  • 写真

    T JAPAN100にこだわるカルトワイン

    ハンドレッド・エーカー

  • 写真

    GLOBE+経済減速の長期化

    中国人が財布の紐を締め始めた

  • 写真

    sippoパンダみたいな目元をした猫

    「雑種のかわいさ伝えたい」

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ