メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月22日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

古戦場

関連キーワード

  • 長久手町(2011年12月29日 朝刊)

    豊臣秀吉と織田信雄・徳川家康連合軍が戦った1584年の小牧・長久手の戦いで知られる。1906年に長湫村、岩作村、上郷村が合併して長久手村に。71年に長久手町となる。2005年には愛知万博の主会場となった。町制施行からの40年間に人口は約5倍に増えた。長久手温泉ござらっせ、トヨタ博物館、名都美術館などがある。町のほぼ中央を東西にリニモ(東部丘陵線)が走る。古戦場つながりでベルギーのワーテルロー市と姉妹都市提携している。1月4日に開市式、11日に市制施行記念式典を開く。

  • 関ケ原の戦い(2015年06月19日 朝刊)

    慶長5(1600)年9月15日、徳川家康が率いる東軍と、石田三成の西軍が戦った。東西合わせて15万人以上の軍勢がいたとされ、濃霧のなか、午前8時ごろに戦いが始まった。当初は西軍が優位だったが、西軍・小早川秀秋の大軍約1万5千人の裏切りなどで、約6時間にわたる戦いは東軍の勝利に終わった。死者は両軍合わせて6千人や8千人などの説がある。関ケ原古戦場には戦国武将の陣跡などがあり、一部は国の史跡に指定されている。

  • 倶利伽羅県定公園(小矢部市埴生など)(2015年03月14日 朝刊)

    古戦場の峠は現在、公園整備されている。近くには日本三大不動に数えられる倶利迦羅不動寺がある。石動駅から「歴史国道」を徒歩1時間40分。駐車場は4カ所計100台(無料)。トイレあり。市観光協会(0766・30・2266)。

最新ニュース

写真・図版

岐阜)関ケ原で花いけの戦い 記念館のオープン日も決定(2019/10/20)

 岐阜県と関ケ原町が主催する関ケ原秋の武将イベント「島津の退(の)き口(ぐち)」が19日、関ケ原古戦場周辺で始まった。初日は、全国から集まった華道家たちが東西に分かれ、戦国武将などをテーマに即興で花を…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ