メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

03月07日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

右京区

関連キーワード

  • とねりこの家と南太秦学区ふれあいサンデーモーニングカフェ(2013年04月20日 朝刊)

    とねりこの家(上京区一条通新町西入)は月〜土曜で、木曜日は原則としてお年寄りの日。木・金曜の台所で作った昼食はお年寄り用(前日までに予約)。親子連れは、お弁当などを持参すれば食べられる。問い合わせは電話(075・431・7600)かウェブサイト(http://www.geocities.jp/tonerikonoie)へ。ふれあいサンデーモーニングカフェは、午前9〜11時。4月は21日、5月は12、19、26日の予定。問い合わせは高岡さん(075・881・4688)。とねりこの家は2005年度から京都市が始めた「つどいの広場事業」の補助を同年度から受けている。南太秦ふれあいモーニングカフェは、昨年度の「新・右京区まちづくり支援制度」の一つに選ばれた。市内の高齢者の居場所一覧は市のウェブサイト(http://www.city.kyoto.lg.jp/hokenfukushi/page/0000135167.html)へ。

  • 丹波地方のマンガン鉱山と記念館(2014年08月10日 朝刊)

    右京区京北町や南丹市一帯の鉱床で、1895(明治28)年ごろから採掘が始まった。最盛期には鉱山は約300カ所に上ったとされる。しかし安い輸入マンガンに押され、1980年代初頭までに姿を消した。丹波マンガン記念館(075・854・0046)は国道162号の下中交差点を東へ数分。大人1200円、小中学生800円。水曜休館。

  • 周山城(2019年12月13日 朝刊)

    光秀が1579(天正7)年に宇津氏を攻略し、新たに築いた山城。右京区京北周山町に位置し、標高509メートルの黒尾山に至る尾根沿いに広がる。石垣が多く、屋根が瓦ぶきという織田信長や豊臣秀吉の時代にみられた織豊(しょくほう)系の城形態が特徴という。

最新ニュース

写真・図版

京都マラソン ランナーに会えた 「聖地」で完走次々(2021/2/21)

 京都市内に雪がちらついた18日午後、私たち(紙谷あかり、吉村駿の両記者)は陸上競技の「聖地」にいた。右京区のたけびしスタジアム京都。ここで、約1カ月にわたる「おんらいん京都マラソン」のフィニッシュを…[続きを読む]

右京区をコトバンクで調べる

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&Education】本上まなみの暮らしと子育て

    様々な選択肢を自由にチョイス

  • 写真

    【&TRAVEL】丹波篠山城が堅牢なわけ

    城旅へようこそ

  • 写真

    【&TRAVEL】網走「監獄定食」って?

    冬の北海道を旅して

  • 写真

    【&M】アメリカ西海岸をドライブ

    娘と二人で写真撮影旅行

  • 写真

    【&w】布の手仕事を未来に伝えたい

    人もまた花なり

  • 写真

    好書好日卒園シーズンにぴったり

    絵本「そしておめでとう」

  • 写真

    論座ミャンマー、催涙弾の異臭

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンコンプレックスを払拭する

    ビジネスパーソンの開運美容

  • 写真

    Aging Gracefullyユーモアたっぷりの日常

    鈴木保奈美さん初のエッセー集

  • 写真

    GLOBE+全ベラルーシ人民大会とは

    世界一、不毛な政治セレモニー

  • 写真

    sippo17年共に過ごした猫が逝く

    別れのとき、鼻先や耳をなでた

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ