メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

05月21日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

司法試験

関連キーワード

  • 法科大学院と新司法試験(2011年09月15日 朝刊)

    法科大学院は、法曹人口拡大を目指した司法制度改革を受け、04年に設立された。社会人や法律以外を学んだ人など多様な人材の参入を促すため、受験知識の詰め込みではなく、プロセス重視の教育という理念を掲げた。法学部出身者向けの「既修者コース」(2年制)と、「未修者コース」(3年制)がある。修了者の新司法試験合格率は「7〜8割」と想定されたが、近年の合格率は2割台に低迷している。

  • 司法試験予備試験(2014年05月15日 朝刊)

    年齢や学歴などの受験資格や、受験回数に制限はない。憲泡民泡刑法など旧司法試験で課された六法に行政泡一般教養などを加え、短答試験、論文試験、口述試験の3段階で選抜される。過去3回の合格率は1.8〜3.8%と狭き門だ。司法試験での合格率は高く、昨年の予備試験合格者は71.9%だった。

  • 司法試験の受験資格(2015年02月22日 朝刊)

    法科大学院を修了するか、予備試験に合格することで得られる。法科大学院は、超難関で知識偏重になりがちだった旧司法試験の反省から、時間をかけた教育を通じて法曹を養成しようと、2004年に導入。74校でスタートしたが、合格率低迷などで、一部は生徒が集まらなくなった。予備試験は学費が300万円以上かかるケースもある法科大学院に経済的事情などで通えない人のための「例外ルート」だが、誰でも受験でき、司法試験に似ているため年々受験者数が増えている。

最新ニュース

大学など「不適合」計5校(2019/5/21)有料記事

 国が認める機関が大学などの教育内容などをチェックする認証評価の主な結果(2018年度)が出そろった。大学1校と法科大学院3校、経営系専門職大学院1校が、定員割れや教員不足など重要な問題があり、各機関…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ