メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

02月18日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

合併症

関連キーワード

  • じん肺と合併症(2008年07月27日 朝刊)

    じん肺は、金属や研磨材、炭素原料などの粉じんを吸い続け、肺が硬くなって呼吸困難になる病気。炭坑や鉱山の労働者に多い。診断で「所見あり」とされると、症状が1〜4の「管理区分」に分けられる。労災保険の休業補償給付では、最も症状が重い4は無条件で対象になる。中程度の2〜3は、続発性気管支炎や肺結核など、じん肺法が認める6種類の合併症のいずれかがないと給付されない。労働基準監督署に給付請求する際、医療機関による合併症の診断証明書が必要になる。続発性気管支炎は6種の合併症の中で最も罹患(りかん)率が高い。

  • じん肺診断(2008年11月23日 朝刊)

    じん肺は、吸い込んだ粉じん、炭じんが沈着して肺が硬くなり、息切れ、呼吸困難などになる。じん肺法では、X線画像に現れる影の大きさと肺機能障害の有無を診断基準として、じん肺に4段階の管理区分を設けている。最も重症の管理4と、続発性気管支炎などの合併症を伴う管理2〜3は療養が必要とされ、休業補償の対象となる。同法は加害企業の賠償責任を定めた法律ではないが、これまでの判決では、患者への賠償額の算定の根拠にこの管理区分が用いられ、要療養の患者に1400万〜2300万円、合併症のない管理2〜3の患者には900万〜1400万円の支払いが命じられている。

  • 脳死肝移植と生体肝移植(2009年10月09日 朝刊)

    97年に日本で脳死による移植を認める法律が施行されてから脳死肝移植は63例にとどまる。日本は親子や夫婦などの間の生体肝移植が主流だ。いつ現れるか分からない脳死の例を待つのに比べ、計画的に手術を進めることができる。一方で、肝臓の摘出などによる合併症など提供者に危険が伴う。健康な人の体にメスを入れる倫理問題もある。順天堂大学静岡病院の市田隆文教授は「移植がうまくいかなかったときの提供者の精神的なショックへの対応も課題」という。

最新ニュース

写真・図版

小児がん経験者「お金」の制度学ぶ 成人後の治療費は?(2020/2/16)

 「国際小児がんデー」の15日、小児がん経験者が、治療などにかかる「お金」に関する制度や仕組みを学ぶ催しが、国立国際医療研究センター(東京都新宿区)であった。「生きる上で重要」として当事者のネットワー…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&AIRPORT】空の上のレストランで舌鼓

    フィンエアーで過ごす極上の旅

  • 写真

    【&TRAVEL】中世の家屋が残る村にて

    トスカーナで出会ったネコたち

  • 写真

    【&M】どうせやるならめんどくさく

    ラップユニットchelmico

  • 写真

    【&w】「愛着」は必ず誰かの思い出に

    東京の台所

  • 写真

    好書好日「電車らしい音」を絵本に

    エッセイスト三宮麻由子さん

  • 写真

    論座治療用アプリ、保険適用へ

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンあのブランドが復活!

    春の装いにピッタリの一着

  • 写真

    T JAPAN温泉宿から雪国文化を発信

    伝統料理のワークショップも!

  • 写真

    GLOBE+謝罪会見でスッキリ、なぜ?

    カギを握るシャーデンフロイデ

  • 写真

    sippo廃車に閉じ込められた猫

    窓の水滴のみで1カ月生存

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ