メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

01月26日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

吉本興業

関連キーワード

  • 吉本興業の地方のタレント発掘(2010年09月06日 夕刊)

    吉本興業は大阪と東京の本部のほかに名古屋、福岡、札幌に支社、広島に事務所を開設し、地方のタレント発掘に力を入れている。大阪などと違って養成所(NSC)はないが、ライブイベントなどの実践を積み、実力があれば東京に進出できる。札幌からはタカアンドトシ、福岡からは博多華丸・大吉などが輩出した。

  • ワッハ上方(2009年10月22日 夕刊)

    96年11月に吉本興業所有ビルの4〜7階にオープン。4階=演芸ライブラリーと小演芸場(約50席)を含む展示室▽5階=ワッハホール(307席)▽6階=事務室▽7階=レッスンルーム(約100人)と資料収蔵庫。年間入場者は約15万9千人(08年度)。

  • ワッハ上方の移転問題(2009年12月11日 朝刊)

    橋下知事は2008年6月の「財政再建プログラム案」でワッハの移転方針を発表。今年7月、年100万人超の観光客数などを理由に通天閣を移転先と決めた。来年度中に移す方針で、府は年4億円から1億円以下に支出が減ると試算している。吉本興業や在阪放送局は現地存続を求め、移転すれば「演芸ライブラリー資料の提供を控える」などと反発した。11月に吉本興業社長らと面談した知事は、通天閣案より安く、集客も相当見込める現地存続案が提案されれば、方針変更の検討もあり得ると伝えていた。

最新ニュース

写真・図版

芸人→ブドウ農家 したくなかったけど…転機はインドで(2021/1/24)会員記事

■乾健裕さん(38) 気温1度。吹き付ける冷風をこらえながら、畑でブドウの木の枝を切っていく。苗木も育てているが、苗木からブドウが収穫できるまでは約3年。「地味な作業の繰り返し。実るまでには時間がかか…[続きを読む]

吉本興業をコトバンクで調べる

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ