メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月27日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

吉田松陰

関連キーワード

  • 吉田松陰(2014年01月29日 夕刊)

    1830〜59。長州藩出身。54年、下田沖の米・ペリー艦隊(黒船)に密航を企てて失敗し投獄された。出獄後は萩で松下村塾(しょうかそんじゅく)を開き、高杉晋作や伊藤博文、山県有朋ら維新の人材を多く育てた。日米修好通商条約に絡んで幕府を批判して再び投獄され、安政の大獄で死罪となった。(絵は松陰神社所蔵「絹本着色・吉田松陰自賛肖像」から)

  • 吉田松陰(1830〜59)(2014年01月24日 朝刊)

    長州藩出身。54年、下田沖の米・ペリー艦隊(黒船)に密航を企てて失敗し投獄された。出獄後は萩で松下村塾(しょうかそんじゅく)を開き、高杉晋作や伊藤博文、山県有朋ら維新の人材を多く育てた。日米修好通商条約に絡んで幕府を批判して再び投獄され、安政の大獄で死罪となった。辞世の句として、弟子にあてた「身はたとひ武蔵の野辺に朽ちぬとも留め置かまし大和魂」と、家族あての「親思う心にまさる親心けふのおとずれ何ときくらん」が有名。(写真は松陰神社所蔵「絹本着色・吉田松陰自賛肖像」から)

  • 桜田門外の変(2013年04月10日 夕刊)

    1860(安政7)年3月3日朝、江戸城の桜田門外で、水戸・薩摩の浪士ら18人が彦根藩主で江戸幕府の大老・井伊直弼を襲撃、暗殺した事件。直弼が天皇の許可を得ないで外国と通商条約を結び、「安政の大獄」で吉田松陰ら尊王派を弾圧し、対立する水戸老公の徳川斉昭に謹慎を命じたことが背景にあるとされる。

最新ニュース

写真・図版

ナポレオン、英雄か独裁者か 欧州を席巻した波瀾万丈の素顔(2021/10/23)会員記事

 出世ぶりは秀吉のごとく、才覚は信長のごとく。没後200年のナポレオン・ボナパルトは今なお最も知られたフランス人だ。戦術に優れた英雄とも、情報を操作した残虐な独裁者とも。その実像は。 国歌にナポレオン…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&M】「共感」が暴走する時代

    個人が意識すべきことは?

  • 写真

    【&Travel】老舗料亭の味、お取り寄せ

    京都ゆるり休日さんぽ

  • 写真

    【&Travel】リビングのような夢の図書館

    フィンランドを旅して

  • 写真

    【&M】カリブ生まれ、味変自由自在

    口福のカレー「東京コロンボ」

  • 写真

    【&w】双子の妊娠がわかった矢先に

    花のない花屋

  • 写真

    好書好日「アーモンド」作者の新作は

    自らの疎外感や焦りを投影

  • 写真

    論座底の抜けた社会を放置するな

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンファーロのトートバッグ

    ビジネスから週末の旅行まで

  • 写真

    Aging Gracefullyお洒落な暮らしの新基準

    ファッションや美容もサステナ

  • 写真

    GLOBE+ポニーテールをめぐる論争

    米メディアがあきれる結婚報道

  • 写真

    sippo帰国の飛行機で愛犬がけが

    かかりつけ医の大切さを知る

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ