メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

07月05日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

同性婚

LGBT差別の冊子を配布 自民議員が参加した会合 (2022/7/2)

自民党の衆参議員が参加した会合で、性的マイノリティー(LGBTなど)に差別的な内容が書かれた冊子が配布されていたことが、関係者への取材で分かった。「同性愛は先天的なものではなく後天的な精神の障害、または依存症」などと記されていた。 会合は…[続きを読む]

関連キーワード

  • 同性婚(2019年09月14日 朝刊)

    NPO法人「EMA日本」によると、世界27の国と地域で、同性同士のカップルが結婚できる。男女の結婚と同じく、財産分与、税優遇などの権利が守られている。結婚ではないが、類似する法的権利を認めるパートナーシップ法を定める国も増えている。日本は同性婚を認めておらず、同「虹色ダイバーシティ」によると、24の自治体で性的少数者のカップルを公的に認める制度が導入されている(7月3日時点)。ただ、具体的な法的権利を認めるものではない。19年2月、同性婚の実現を求め、当事者らが国を提訴した。

  • 米国の同性婚(2012年06月08日 朝刊)

    米国では、結婚に関する法律は原則として州ごとに定められている。同性婚については、2003年にマサチューセッツ州最高裁が「禁止することは州憲法に反する」という判決を言い渡し、同州が翌年から認めたのが最初となった。ただ、1996年に制定された国の「結婚防衛没は、結婚を男女間の関係に限定している。

PR情報

海外では

最新ニュース

写真・図版

LGBTQ当事者らっしーさん パートナーシップ制度、広がりを(2022/7/5)

■わたしの一票 らっしーさん(39) LGBTQ当事者(秋田市) 私は10年以上、秋田県外の自衛隊基地で働きました。3年前に退職し、秋田市に帰郷。今は派遣会社で働きながら、「らっしー」という活動名で自…[続きを読む]

PR注目情報

注目コンテンツ