メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

01月24日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

名古屋地裁

関連キーワード

  • 名古屋地裁の判決(2013年11月01日 朝刊)

    愛知県に住む認知症の男性(当時91)が、デイサービスから自宅に戻った後、1人で外に出て線路内に入り、列車にはねられて死亡した。JR東海は振り替え輸送の費用など損害賠償を求めて提訴。名古屋地裁は8月、家族が目を離さず見守ることを怠り、徘徊を防ぐための適切な措置を取らなかったなどとして、同居の妻(当時85)と「事実上の監督者」と認定した神奈川県在住の長男に、計約720万円の支払いを命じた。遺族側は控訴した。

  • 原爆症認定集団訴訟(2009年08月01日 夕刊)

    原爆症認定を求める被爆者306人が03年4月から17地裁に提訴し、今年5月の東京高裁判決まで国が「18連敗」している。厚労省によると、197人が認定され、医療特別手当(月13万余円)の受給資格を得た。国は昨春から認定基準を一部見直したが、審査待ちのケースが7千件を超えている。このため被爆者5人は今年4月、大阪、名古屋地裁に義務付け訴訟を起こした。

  • 交通事故手話裁判(2010年02月01日 朝刊)

    2004年7月、聴覚に障害がある大矢貴美江さんが乗用車にはねられ、利き手の左手首や右肩などを骨折、手話をするのが不自由になった。自賠責保険の等級認定では、手話の後遺障害は認められていない。大矢さんは手話で表現できる能力が事故で約半分に落ちたと、乗用車の運転手を相手に提訴。昨年11月25日の名古屋地裁の判決は「手話の障害は言語障害」と認めた。ただ失った能力は14%と認定。障害の等級は12級とし、「6級に」という大矢さんの訴えを退けた。

最新ニュース

美濃加茂市長に藤井氏(2022/1/24)会員記事

 岐阜県美濃加茂市長選は23日投開票され、受託収賄などの罪に問われ、有罪が確定した無所属で前市長の藤井浩人氏(37)が、無所属で現職の伊藤誠一氏(65)=自民、公明推薦=を破り、返り咲きで4選を果たし…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&Travel】常盤貴子さんが京都を旅する

    美しいうつわを求めて<PR>

  • 写真

    【&w】孤独を支えた古い台所道具

    東京の台所2

  • 写真

    【&Travel】沖縄本島北部の森と海

    カメラは旅する

  • 写真

    好書好日フードデリバリーの仕事は

    脱サラ配達員が漫画で紹介

  • 写真

    論座習氏「独裁」で変貌する中国

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン新しいリーダー論。[後編]

    元ラグビー日本代表 廣瀬俊朗

  • 写真

    Aging Gracefully広末涼子さんインタビュー

    年齢を重ねる楽しみとは

  • 写真

    GLOBE+捨てた量を厳しく管理

    「ごみゼロ」先進地、イタリア

  • 写真

    sippoわなにかかり処分寸前の母犬

    子犬と共に穏やかで幸せな日々

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ