メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

11月21日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

名古屋市中区

関連キーワード

  • コミュニティーラジオ(2009年06月11日 夕刊)

    主に市区町村をエリアとした超短波放送局(FM放送局)で、92年に制度化された。総務省によると、6月1日現在、北海道から沖縄まで230ある。同じFM放送局でも、より広域をエリアとする「ZIP—FM」(名古屋市中区)などは「県域ラジオ」とも言う。開局には総務省の免許交付が必要。

  • ドライミスト(2009年07月17日 朝刊)

    約3メートルの高さのノズルから16マイクロメートル(1マイクロメートルは1ミリの千分の1)の細かな水滴が噴き出され、気化熱で涼しくなる。一般のエアコンに比べて消費電力は20分の1で、噴霧エリアの気温を2、3度下げるという。EXPOエコマネー買い物でレジ袋を断ったり環境学習に参加したりするとポイントがもらえ、そのポイントで環境関連の商品への交換や植林活動に寄付できる。万博閉幕後の05年11月からは、商品交換のための「エコマネーセンター」をアスナル金山(名古屋市中区)に移した。現在は愛知県瀬戸市、長久手町、豊田市にもサテライトセンターがある。

  • 改正愛知県迷惑行為防止条例(2013年12月17日 朝刊)

    接待を伴う飲食店や風俗店の客引きは、一言でも声を掛けることや、立っているだけでも違反の対象になる。今年6月に施行され、規制の対象は錦三・栄(名古屋市中区)、名古屋駅前(同市中村区椿町)、松葉(豊橋市松葉町など)の県内3地区。違反者には県公安委員会から再発防止命令が出され、さらに違反を繰り返すと、懲役6カ月以下または罰金100万円以下が科せられる。懲役刑まである愛知県は厳しくなっている。

最新ニュース

「愛知県交通死亡事故 飲酒運転が増加」交通事故専門のしまかぜ法律事務所が最新コラムを公開(2018/11/20)

交通事故を専門に取り扱うしまかぜ法律事務所(所在地:愛知県名古屋市、代表弁護士:井上 昌哉)は、交通死亡事故のご遺族や交通事故の被害に遭われた方向けにコラムを連載しており、最新のコラムとして、「愛知県…[続きを読む]

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】クルっと変身が楽しい!

    話題の3D&360対応カメラ

  • 写真

    【&TRAVEL】宝石のようなオリーブ手摘み

    干潮で現れる天使の散歩道

  • 写真

    【&M】SUVもさすがの乗り心地

    ロールスロイス・カリナン

  • 写真

    【&w】高2男子を“育てる”女たち

    ほんやのほん

  • 写真

    好書好日ただ「積む」だけの面白さ

    絵本「まる さんかく ぞう」

  • 写真

    WEBRONZA稀勢の里はもう休場できない

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンスーツの長持ちテクニック!

    そのひと手間で大きな差がつく

  • 写真

    T JAPANせきねきょうこが選ぶホテル

    新・東京ホテル物語 第31回

  • 写真

    GLOBE+サードウェーブ、実は日本発

    アメリカ西海岸コーヒー物語

  • 写真

    sippo大施設で犬猫の譲渡会、急増

    会場側「動物の集客力すごい」

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ