メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月19日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

名古屋市南区

関連キーワード

  • 名古屋市南区の中2生徒自殺(2016年12月27日 夕刊)

    2013年7月10日、中学2年の男子生徒(当時13)が「いろんな人から『死ね』と言われた」とノートに書き残し、同区のマンションから転落死した。学級や部活で「うざい」「きもい」と暴言を浴びせられたり、帽子を隠されたりするなどのいじめを継続的に受けていた。

  • 名古屋南部公害(2010年10月22日 朝刊)

    高度成長期に、名古屋市南区や港区を中心に鉄鋼コンビナートとして、工場や道路網が発達し、ぜんそくなど公害病被害が広がった。患者や遺族らが国と企業10社を相手取った名古屋南部大気汚染公害訴訟では、損害賠償や国道23号の車線減少などが認められ、企業も謝罪し、2001年に和解した。

  • 名古屋市の中学2年生転落死問題(2013年08月02日 朝刊)

    7月10日午後、名古屋市南区の市立中学2年の男子生徒(当時13)が、以前住んでいたマンションの最上階から転落死した。「いろんな人から死ねと言われた」とノートに書き残していたため、市教育委員会は12日に全校生徒へのアンケートを実施。519人中101人が、男子生徒へのいじめと受け取れる行為を「自分で見聞きした」と回答した。このうち具体的な言葉や行為を挙げたのは50件。「死ね」(21件)や「自殺してみろ」(5件)という言葉のほか、「たたかれる」「筆箱をとられる」などの行為もあり、市教委は「いじめがあった可能性が極めて高い」としている。

最新ニュース

写真・図版

高潮、高波、暴風雨に警戒を 台風、満潮時に高まる危険(2019/10/11)

 毎年、日本列島に上陸し、大きな被害をもたらす台風。暴風雨は言うまでもなく、高潮や高波にも警戒が必要だ。高潮の被害が顕著で、5千人以上の死者、不明者が出た1959年の伊勢湾台風から今年は60年の節目。…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ