メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

08月17日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

名古屋市長

関連キーワード

  • 出直し名古屋市長(2014年03月14日 朝刊)

    河村市長は公約した「市民税10%恒久減税」の条例案を市議会に否決され、任期を2年以上残して2011年1月に辞職。地域政党「減税日本」の公認で臨んだ翌月の出直し選で66万票を得て再選された。同時に行われた市議会解散の是非を問う住民投票でリコールも成立。同日選となった愛知県知事選では、減税日本の推薦候補が初当選した。

  • 小沢氏と河村、石田両氏の関係(2010年12月31日 朝刊)

    河村たかし名古屋市長は1994年の新進党結党から自由党を経て、98年に民主党入り。小沢一郎氏と長く行動をともにし、小沢グループとの親交も重ねた。09年名古屋市長選では党代表だった小沢氏が、愛知県連が内定した推薦予定者を退けて河村氏を推薦した。一方、石田芳弘民主党衆院議員は09年衆院選で小沢氏から立候補要請を受けて初当選したが、「小沢チルドレンではない」と公言。次第に岡田克也氏ら「非小沢系」議員に近づき、小沢氏と菅直人氏が争った9月の代表選では、いち早く菅氏支持を打ち出した。

  • 大阪都中京都構想(2011年04月07日 朝刊)

    大阪府と政令指定市の大阪・堺両市を廃止し、「大阪都」とする構想。橋下徹・大阪府知事が昨年1月に打ち出した。「府と市の二重行政の解消」が目的で、特別区に分割され財源などを移譲することになる大阪市などは強く反発する。一方、中京都構想は大阪都構想に連動した動きとして、河村たかし・名古屋市長らが提唱。名古屋市を存続させる点で大阪都と手法が異なる。

最新ニュース

写真・図版

不自由展「見せ方に問題」「SNS影響」 検証委が意見(2019/8/17)有料記事

 「『表現の自由』を訴えるという目的に達していない」「SNSが影響した現代的な問題だ」――。国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」の企画展「表現の不自由展・その後」の中止を受け、16日に初会合があ…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ