メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

06月21日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

呼吸困難

関連キーワード

  • 亜急性硬化性全脳炎(2008年07月13日 朝刊)

    はしか(麻疹)ウイルスが感染後に体内に残り、7〜8年後に脳障害を起こす。はしか感染者の数万人に1人が発症するという。知的障害から、けいれんや自発呼吸困難に至り、数年から十数年で死亡する。治療法が確立されておらず、国は難病(特定疾患)に指定している。

  • じん肺と合併症(2008年07月27日 朝刊)

    じん肺は、金属や研磨材、炭素原料などの粉じんを吸い続け、肺が硬くなって呼吸困難になる病気。炭坑や鉱山の労働者に多い。診断で「所見あり」とされると、症状が1〜4の「管理区分」に分けられる。労災保険の休業補償給付では、最も症状が重い4は無条件で対象になる。中程度の2〜3は、続発性気管支炎や肺結核など、じん肺法が認める6種類の合併症のいずれかがないと給付されない。労働基準監督署に給付請求する際、医療機関による合併症の診断証明書が必要になる。続発性気管支炎は6種の合併症の中で最も罹患(りかん)率が高い。

  • 炭疽菌事件(2008年08月21日 朝刊)

    01年9〜11月、致死性の高い炭疽菌の乾燥胞子が入った手紙がニューヨークやフロリダ州ボカラトンのテレビ局や新聞社、ワシントンの上院議員事務所に送られ、郵便局員や病院職員ら5人が死亡、17人に呼吸困難などの感染症状が出た。乾燥胞子が白い粉に見え、「白い粉の恐怖」などと呼ばれた。手紙は計7通(うち3通は未特定)とみられているが、コネティカット州オックスフォードで死亡した女性と手紙の関連ははっきりしない。9月11日の同時多発テロ直後で、手紙に「アメリカに死をイスラエルに死をアラーは偉大なり」などとあったため、「国外のテロ組織が生物テロを仕掛けてきたのでは」などの見方が広がった。少しでも汚れていたり、差出人名がなかったりする手紙が見つかると、郵便局の閉鎖や住民の避難などが行われ、一時はパニック状態に陥った。

最新ニュース

写真・図版

梅雨に多い「普通じゃない肺炎」 その原因、カビかも(2021/6/16)会員記事

 九州から東海では例年になく早い梅雨入りとなりました。じめじめとしたこの時期に多いカビの病気をご紹介します。カビは真菌という微生物の俗称で、細菌ではありませんが、細菌と同様に病気の原因になります。■「…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ