メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月27日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

和菓子

関連キーワード

  • 成金饅頭(2010年12月30日 朝刊)

    「どら焼き」のような見た目に中身が白あんの和菓子。明治時代に投機に失敗して処分に困ったウズラ豆を消費しようと、直方市内の菓子製造業者が煮込んであんとして皮にはさみ、売り出したのが始まりとされる。名前は筑豊の炭鉱王・貝島太助が「成り金さん」と呼ばれていたのにあやかったという説もあるが、詳しくは分かっていない。

  • 鮎菓子(2013年12月02日 朝刊)

    県菓子工業組合の理事長を務める小森さんによると、岐阜市内の和菓子店は約40軒で、うち30軒ほどが焼き鮎を販売する。5月から10月までの鵜飼(うか)いシーズンだけ売る店もあるが、香梅など10軒ほどは年間を通して売っているという。商品名は店によって違い、香梅では、「鮎太郎」として120円(税込み)で売る。鵜飼いの時期は、各店の鮎菓子をセットにした詰め合わせが、百貨店や鵜飼観覧船待合所で販売され、今年のシーズンは4千箱以上売れた。

  • 栗きんとん(2015年11月30日 朝刊)

    栗の栽培が盛んな中津川市や恵那市を中心に、県内には栗きんとんの製造販売業者が多数ある。八百津町内に5軒があり、このうち和菓子店「緑屋老舗」は1872(明治5)年に初代白木甚四郎氏が創業した。5代目の功一さんによると、3代目の鍵次郎氏が大正時代に栗きんとんを商品化したという。

最新ニュース

写真・図版

西川貴教さんのお餅の名前は 「知事選に出るのでは」からかわれ…(2021/9/25)

 滋賀ふるさと観光大使として活躍中のミュージシャン、西川貴教さん(51)とコラボしたお餅「西川餅」を、大津市の和菓子会社「叶(かのう)匠寿庵(しょうじゅあん)」が10月1日から販売する。箱には「VOT…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&Travel】大空に込めた思いは

    永瀬正敏フォト・ワークス

  • 写真

    【&w】絶品!ズッキーニ“揚げパン”

    パリの外国ごはん レシピ

  • 写真

    【&Travel】幕府の威信かけた西洋式城郭

    城旅へようこそ・五稜郭

  • 写真

    【&M】「日本人好みではずれなし」

    プロ絶賛のロシア料理店

  • 写真

    【&w】秋の味覚のお裾分け

    最後までおいしい鱧しゃぶ

  • 写真

    好書好日「まじょのほうき」の秘密

    子どもと楽しみ、作家の転機に

  • 写真

    論座東京五輪は「終わった」のか

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン人気シリーズ第二弾公開!

    ポロシャツの正しい着こなし

  • 写真

    Aging Gracefullyおしゃれ心も抜かりなく

    ゆるっと体を甘やかしちゃお!

  • 写真

    GLOBE+家族殺されても加害側と隣人

    スレブレニツァ虐殺描く

  • 写真

    sippo家に通う野良猫がけが

    夫婦は家族に迎えることを決断

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ