メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

05月07日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

品質管理

関連キーワード

  • QCサークル活動(2008年07月19日 朝刊)

    生産現場の労働者が自主的に少人数の集団をつくり、不良品の低減や安全対策を考える取り組み。日本のものづくりの強さの源泉として注目され、欧米でも普及が進んでいる。QCは品質管理を意味する英語(QualityControl)の略。

  • 大規模リコール(2011年02月13日 朝刊)

    2009年にアクセルペダルがフロアマットに引っかかり戻らなくなる恐れがあるとしてリコールを実施。10年1月にはアクセルペダル本体の不具合で一部車種の生産と販売を一時停止。プリウスでもブレーキが利きにくくなる不具合が見つかった。トヨタは同年3月に「グローバル品質特別委員会」を開き、世界の地域ごとに品質管理責任者を任命した。

  • パロマ工業製湯沸かし器による中毒事故(2010年05月11日 夕刊)

    同社が1980〜89年に製造・販売した機器で、85〜2005年に28件起き、死者21人、重軽症者36人を出した。一連の事故は06年7月に発覚し、東京都港区で上嶋浩幸さん(当時18)が死亡した05年11月の事故以外、業務上過失致死事件の公訴時効(当時5年)が成立している。上嶋さんの事故の裁判で、検察側は抜本的な事故防止策を取らなかったとして、小林元社長に禁固2年、鎌塚渉・元取締役品質管理部長(60)に禁固1年6カ月を求刑。弁護側は「事故防止策は経産省とガス会社、パロマの3者が協力して取るべきだった」などとして無罪を主張している。一方、一部の遺族は同社などを相手取り、損害賠償を求める民事訴訟を起こした。同社によると、札幌、東京、大阪の3地裁で係争中という。

最新ニュース

写真・図版

「半沢直樹」生んだ原点へ 池井戸潤が再訪したネジ工場(2021/5/6)有料会員記事

■池井戸潤が撮る 日本の工場 作家の池井戸潤さんが仕事の現場を訪ねる企画が、朝日新聞土曜別刷り「be」で連載中です。今回は、大阪市港区の帝国製鋲(せいびょう)。代表作「半沢直樹」シリーズを生み出した原…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ