メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

06月16日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

哺乳類

関連キーワード

  • 県版レッドリスト(2014年02月16日 朝刊)

    県が絶滅の危機にある野生生物を保護するための情報を記した「県版レッドデータブック」(2001年作成)のもとになったリスト。改定作業は09年、専門家による県希少野生生物保護検討委員会(12人)の設置で始まり、哺乳類、鳥類、両生類、は虫類、昆虫類、その他の無脊椎(せきつい)動物の各分野の改定はすでに終え、今回で全体の作業は一段落。専門家が生物学的に評価して分ける新たなカテゴリーは絶滅、野生絶滅、絶滅危惧1A類、同1B類、同2類など8種類。

  • ヒグマ(2013年12月11日 朝刊)

    亜寒帯など主に北方に生息する食肉目クマ科の哺乳類。雑食性で木の芽や果実、昆虫、哺乳類を食べる。成獣は体長2メートル、体重200キロ〜300キロにもなり、本州の山間部で見られるツキノワグマに比べると二回りほど大きい。毛は褐色。一方のツキノワグマは体毛が黒く、胸に三日月型の白い斑点があるのが特徴で、木登りがうまい。

  • 野生鳥獣の捕獲(2011年07月13日 夕刊)

    鳥獣保護法は鳥類や哺乳類の野生動物の捕獲を原則として禁じている。例外は狩猟や研究、有害鳥獣の除去、傷病による保護などで、観賞(愛玩)目的も例外の一つ。愛玩目的の捕獲は、国の指針に基づいて都道府県知事が許可する。日本野鳥の会などによると、メジロの捕獲を認めているのは約半数の府県。

最新ニュース

音楽家マヒトゥ・ザ・ピーポーの目の凝らし方、耳の澄まし方 壊れゆく世界で一番優しい響きは「反抗」だと思う(2019/6/15)

お話を聞いた⼈マヒトゥ・ザ・ピーポー1989年生まれ。2009年に大阪で結成されたバンドGEZANのフロントマンとして音楽活動を開始。14年、青葉市子とのユニットNUUAMMを結成。また同年から完全手…[続きを読む]

哺乳類をコトバンクで調べる

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ