メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

02月22日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

四日市市

関連キーワード

  • 四日市市の定期市(2011年09月21日 朝刊)

    市内15カ所のいずれかで毎日開かれている。大正から昭和初期の農村不況の中、農家の救済・自立のため、農産物を直接販売する即売場を開設したのが始まり。町おこしを目的に最近開設された市もある。市によると、開設時期は慈善橋即売場(八幡町)の1923年が最も古く、坂部三・八中央市場(坂部が丘3丁目)の2007年が最も新しい。

  • 四日市市美術展覧会(2012年05月12日 朝刊)

    市民らを対象に、日本画、洋画、彫刻、工芸、写真、書道の6部門で公募。毎年約500点が出品される。市によると、地元の芸術家らでつくる市民展が前身で、1973年から市が主催している。2011年度の市費は約350万円。

  • 農業生産法人以外からの農業参入(2009年05月10日 朝刊)

    県農業経営室によると、県内では現在、5社・法人が参入している。株式・有限会社では四日市市の2社のほか、伊勢市の流通関連会社がタマネギなどの野菜を栽培している。さらに志摩市のNPO法人が環境教育活動として水稲栽培に取り組み、熊野市の財団法人が棚田のオーナー制度を手がけている。

最新ニュース

Bカートは優秀な”営業マン” 株式会社ザラボ様の導入事例を公開しました!(2019/2/22)

株式会社 Dai(本社:京都市下京区、代表取締役:木脇 和政)は、BtoB EC・Web受発注システム「Bカート」の導入事例として、コンタクトレンズや食品・雑貨・介護用品などの販売を行う、株式会社ザラ…[続きを読む]

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】メカメカしさがたまらない!

    精緻感あふれるミニコンポ

  • 写真

    【&TRAVEL】中田英寿 福島を旅する

    品評会で受賞した福島牛〈PR〉

  • 写真

    【&M】男性都合の笑いやアイドル像

    いつまで続くのか

  • 写真

    【&w】アボリジナル文化が息づく地

    アリススプリングスの大自然

  • 写真

    好書好日「女優になるなら本を読め」

    大原櫻子さん、父からの言葉

  • 写真

    WEBRONZAクリーンエネルギーで遅れ

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン世界一高い場所にあるホテル

    ザ・リッツ・カールトン香港

  • 写真

    T JAPAN連載・私的な旅遺産 第3回

    ブータン王国、早春の憧景

  • 写真

    GLOBE+女の子がサッカーなんて

    ……の声を乗り越えた難民たち

  • 写真

    sippo愛犬にオンリーワンの服

    型紙付きで紹介する本

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ