メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

04月21日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

国分寺市

関連キーワード

  • 小金井・国分寺のごみ問題(2012年06月26日 朝刊)

    小金井市は1958年から調布、府中の2市とともに、3市にまたがる「二枚橋焼却場」で可燃ごみを処理してきたが、老朽化で2007年3月に操業停止することになった。調布は三鷹市との共同処理を決め、府中は周辺3市が運営していた多摩川衛生組合に加入。小金井は04年、「新しい施設の建設地を責任を持って決める」という約束のもと、国分寺市との共同処理を目指すことにした。だが、用地確保は難航。小金井は10年、二枚橋焼却場の跡地を候補地に選定したが、敷地の3分の1を持つ調布に使用を断られ、計画は頓挫した。この間、小金井のごみは周辺自治体が分担して受け入れてきたが、前小金井市長が昨春の市長選の際に、委託経費を「ムダ使い」と発言。周辺自治体の反発を呼び、前市長が昨年11月に引責辞任する事態になるなど、混迷を深めた。

  • 小平・住民投票条例(2013年03月28日 朝刊)

    1963年に都市計画決定された「都道3・2・8号府中所沢線計画」の見直しの是非について、住民の意向を確認することを目的とするもの。計画区間は、国分寺市東戸倉2丁目から小平市小川町1丁目までの南北1・4キロ。周辺道路の渋滞緩和が計画の目的だが、自然環境の悪化を懸念する市民らが反対し、必要数の2・5倍に当たる7183人の署名簿を付けて条例制定を直接請求した。住民投票は、条例の施行日から60日以内で、市長が定める日に実施される。「住民参加により都の計画を見直すべき」と「計画の見直しは必要ない」の二つの選択肢から有権者が判断する。

最新ニュース

写真・図版

(be report)田畑が生むバランス 多様な役割、街に「あるべきもの」(2019/4/20)有料記事

 都市農業に注目が集まっている。立地を生かし地域と共生する農業を展開する農家あり、繁華街にPR拠点を作った農家あり。これまで基本的には宅地化すべきものとされてきた街なかの農地は、都市に「あるべきもの」…[続きを読む]

国分寺市をコトバンクで調べる

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】劇場鑑賞券を3組6名様に

    「&w」読者プレゼント

  • 写真

    【&TRAVEL】屋久島でイシガキダイを釣る

    太公望のわくわく

  • 写真

    【&M】ユーモアがテーマの作品展

    遊び心の本質を問い直す

  • 写真

    【&w】絲山秋子の新作を追う理由

    ほんやのほん

  • 写真

    好書好日外はカリカリ、中はふわっ

    かもめ食堂のシナモンロール

  • 写真

    論座津田梅子の苦闘と見果てぬ夢

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンサクセスレストラン⑪

    こだわりの和食でじっくり接待

  • 写真

    T JAPANNYで話題のデザイナーズ壁紙

    色と柄の摩訶不思議な世界へ

  • 写真

    GLOBE+遊牧民の知恵、この一皿に

    食と暮らし世界ぐるり旅

  • 写真

    sippo橋の上にいたフラフラの子猫

    わが家の長男梵天丸との出会い

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ