メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

04月18日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

国家公務員法

関連キーワード

  • 国家公務員法の守秘義務違反(2010年12月23日 朝刊)

    「職務上知ることのできた秘密」について、在職中だけでなく、退職後も漏らすことを禁じている。最高裁の判例は「秘密」を(1)公には知られていない事実で(2)実質的にも秘密として保護するに値するもの——と定義し、判断は裁判所がするとしている。官公庁が形式的に「秘密」と指定したかどうかは直接関係ないとされる。罰則は1年以下の懲役か50万円以下の罰金。地方公務員法にも同様の規定がある。

  • 国家公務員法の再就職規制(2017年03月31日 朝刊)

    国家公務員法は現職の公務員が、他の職員やOBを営利企業や法人などに再就職させるために、企業などに情報提供したり、ポストなどの情報を求めたりすることを禁じる。また、現職職員が在職中に、職務と利害関係がある企業や団体に職歴など自分の情報を提供したり、ポストに関する情報提供を求めたりすること、再就職の要求や約束なども禁止している。

  • ヤミ専従(2009年03月27日 朝刊)

    出勤したように装って給与をもらいながら、実際には正規の許可なく職場を離れて労働組合の活動に専従すること。大阪市や社会保険庁などでは勤務実態の伴わない組合活動が問題化した。現行の国家公務員法は、勤務時間中でも労使交渉する権利は認め、適法な交渉は出勤扱いにできる。ただ、同法には、どこまでを適法の交渉とするか時間や日数の制限はない一方で、「交渉の申し入れがあれば当局は応じるべきだ」と規定。農水省の場合、「労使交渉」と称して出勤扱いにし、実質は組合活動に専従していた疑いが浮上している。

最新ニュース

セクハラの疑い、ケニア大使処分 厳重訓戒、依願退職(2019/3/30)有料記事

 外務省は29日、植沢利次ケニア大使(63)に国家公務員の信用を損なう行為があったと発表した。関係者によると、セクハラが疑われる事案があったという。 大使は特別職の国家公務員のため、国家公務員法が規定…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】緑色の瞳をもつ猫ハルキ

    猫と暮らすニューヨーク

  • 写真

    【&TRAVEL】米国バス旅、西海岸へ戻る

    再び「12万円で世界を歩く」

  • 写真

    【&M】仕事のやる気が出ない悩み

    新進気鋭の社会学者はどう答える

  • 写真

    【&w】ニンニクソースでサバサンド

    パリの外国ごはん そのあとで

  • 写真

    好書好日原作通から「ハマりすぎ!」

    映画「キングダム」の本郷奏多

  • 写真

    論座ノートルダムが燃えている…

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン旬の鰹を使った絶品レシピ

    「鰹とハーブのタルタル」

  • 写真

    T JAPANクリムトが巨匠である理由

    2つの展覧会が開催

  • 写真

    GLOBE+アップル、大丈夫か

    切り札は他社の後追い

  • 写真

    sippoペットロスから立ち直る方法

    してあげた事を数え上げて

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ