メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

07月21日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

国家公務員法

関連キーワード

  • 国家公務員法の守秘義務違反(2010年12月23日 朝刊)

    「職務上知ることのできた秘密」について、在職中だけでなく、退職後も漏らすことを禁じている。最高裁の判例は「秘密」を(1)公には知られていない事実で(2)実質的にも秘密として保護するに値するもの——と定義し、判断は裁判所がするとしている。官公庁が形式的に「秘密」と指定したかどうかは直接関係ないとされる。罰則は1年以下の懲役か50万円以下の罰金。地方公務員法にも同様の規定がある。

  • 国家公務員法の再就職規制(2017年03月31日 朝刊)

    国家公務員法は現職の公務員が、他の職員やOBを営利企業や法人などに再就職させるために、企業などに情報提供したり、ポストなどの情報を求めたりすることを禁じる。また、現職職員が在職中に、職務と利害関係がある企業や団体に職歴など自分の情報を提供したり、ポストに関する情報提供を求めたりすること、再就職の要求や約束なども禁止している。

  • ヤミ専従(2009年03月27日 朝刊)

    出勤したように装って給与をもらいながら、実際には正規の許可なく職場を離れて労働組合の活動に専従すること。大阪市や社会保険庁などでは勤務実態の伴わない組合活動が問題化した。現行の国家公務員法は、勤務時間中でも労使交渉する権利は認め、適法な交渉は出勤扱いにできる。ただ、同法には、どこまでを適法の交渉とするか時間や日数の制限はない一方で、「交渉の申し入れがあれば当局は応じるべきだ」と規定。農水省の場合、「労使交渉」と称して出勤扱いにし、実質は組合活動に専従していた疑いが浮上している。

最新ニュース

写真・図版

漏出防止トップが漏らす 野田氏「話ある、みたいな」 情報公開請求(2018/7/21)

 情報公開制度を所管する組織のトップが、知らないはずの請求内容を知っていた。しかも、自らに関わる公開請求の内容だ。野田聖子総務相をめぐって明らかになった問題。本来、情報の漏出防止を指導する立場の野田氏…[続きを読む]

!

Amazon Pay導入記念プレゼントキャンペーン実施中

!

シンプルコースも「auかんたん決済」で

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】ピッチングの質が丸わかり

    球の「キレ」を数値化する

  • 写真

    【&TRAVEL】くまモン、悩んでるんだモン

    朝日新聞社「&」会議に現れる

  • 写真

    【&M】野菜いっぱいスープカレー

    Rojiura Curry SAMURAI.

  • 写真

    【&w】5年後あなたはどこで何を?

    ほんやのほん

  • 写真

    好書好日ジョジョの世界観にハマった

    バレーボール・山内晶大さん

  • 写真

    WEBRONZA先を行く韓国の「移民政策」

    韓国は外国人に門戸を開いた

  • 写真

    アエラスタイルマガジン週末の家飲みおすすめワイン

    日々の食事を楽しめるワイン

  • 写真

    T JAPAN常連になりたいレストラン

    東京・上馬「NATIVO」

  • 写真

    GLOBE+道路に電気はつくれるか

    NYT世界の話題

  • 写真

    sippo自販機の陰に住みついた老猫

    放っておけず家に迎え入れた

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ