メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

03月07日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

国文学

関連キーワード

  • 加賀の三たろう(2014年01月07日 朝刊)

    鈴木大拙、「善の研究」で知られる哲学者の西田幾多郎、国文学者の藤岡作太郎はともに1870(明治3)年生まれ。第四高等中学校(後の旧制四高)で机を並べて学んだ3人はその後も交友を深めた。大拙の本名が貞太郎であったことから「加賀の三たろう」と称された。金沢ふるさと偉人館では3人の出会いを「明治3年の奇跡」と紹介している。幾多郎が生まれたかほく市には「西田幾多郎記念哲学館」があり、地元小学校の社会科見学にも利用されている。

最新ニュース

江戸川乱歩、夢野久作、小栗虫太郎…探偵小説はいかに〈狂気〉を表現したか 鈴木優作「探偵小説と〈狂気〉」書評(2021/3/6)

 かつて「探偵小説」と呼ばれていた日本のミステリーは、〈狂気〉をどのように描いてきたか。鈴木優作『探偵小説と〈狂気〉』(国書刊行会)は、気鋭の国文学者がこの魅力的なテーマに迫った論考集である。 戦前か…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&Education】子どもの好奇心に寄りそう

    厚切りジェイソンさん

  • 写真

    【&w】完全無欠のコッペパン

    このパンがすごい!

  • 写真

    【&TRAVEL】若狭湾を眺め敦賀へ

    クリックディープ旅

  • 写真

    【&M】安眠を保証する斬新なベッド

    レクビィの新型プラスMR登場

  • 写真

    【&w】私の“あしながおじさん”へ

    花のない花屋

  • 写真

    好書好日仕掛人・梅安の勝負飯

    「浅蜊と大根の鍋」作ってみた

  • 写真

    論座差別が邪魔するコロナ収束

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン町田啓太の新たな一面とは?

    最新作について本人が語る。

  • 写真

    Aging Gracefully鈴木保奈美さん初のエッセー

    代わりに伝える言いにくいこと

  • 写真

    GLOBE+ペニスが教えてくれる歴史

    NYタイムズ世界の話題

  • 写真

    sippo50問で導くグリーフケア

    愛犬とのハッピーエンディング

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ