メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

01月27日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

国東市

関連キーワード

  • 祝島(いわいしま)(2010年10月27日 朝刊)

    周囲約12キロ、人口497人(今月1日現在)。主要産業は農業と漁業で島民の73・4%が65歳以上。1982年に上関原発建設計画が持ち上がって以降、28年間、島民の多くがデモ行進や工事監視などの反対運動を続ける。国東半島までは約30キロ。4年ごとの伝統行事「神舞(かんまい)」は、国東市国見町の伊美別宮社の神職を迎えて催す合同祭事。

  • 豊後の三賢(2015年03月21日 朝刊)

    江戸中後期に活躍した偉人3人。日出生まれの帆足萬里(ほあしばんり)は遊学して学問を積み、日出藩家老として財政改革に尽力した。三浦梅園(みうらばいえん)は今の国東市安岐町の出身で、思想家にして医師、教育者に。広瀬淡窓(ひろせたんそう)は現在の日田市出身。学問や教育に専念し、私塾咸宜園(かんぎえん)を開いて門下生を大勢育てたとされる。

  • 神舞(かんまい)(2016年08月11日 朝刊)

    上関町祝島に伝わる4年に1度の伝統行事で、県指定無形民俗文化財。豊後国伊美郷(大分県国東市)の人たちが平安時代の886(仁和2)年に祝島の三浦湾に漂着。島民に農業を伝えたのをきっかけに、伊美別宮社(同市国見町伊美)の神職たちを島に迎え、神楽の奉納などの合同祭事が行われるようになった。

最新ニュース

写真・図版

まん延防止全域に適用 27日から 7割近い飲食店に酒提供なし要請(2022/1/26)

 新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、大分県では初となる「まん延防止等重点措置」が県内全域に適用されることが決まった。広瀬勝貞知事は25日、記者会見し、「病床利用率や療養施設の占有率などギリギリの…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&Travel】せり鍋、赤貝…冬の美味集結

    宮城県名取市閖上の旅

  • 写真

    【&w】ブリのソテー ハーブサルサ

    料理家・冷水希三子の何食べたい?

  • 写真

    【&Travel】現代作家のうつわに出会う旅

    暮らしに寄り添う作品〈PR〉

  • 写真

    【&M】ベース車として魅力的に進化

    「「ハイゼット カーゴ」

  • 写真

    【&w】野村友里さん×UAさん対談

    年を重ねた今が楽しい

  • 写真

    好書好日 千葉郊外の吟行に参加したら

    フルポン村上の俳句修行

  • 写真

    論座正論が受け入れられない

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン春のメンズシャツを選ぶ

    コーデのポイントとは?

  • 写真

    Aging Gracefully様々な地域での体験を学びに

    ワーケーションを体験<PR>

  • 写真

    GLOBE+接種4回目はリスク?

    EU担当者、欧州各国に警告

  • 写真

    sippo猫が飼い主を急に激しく攻撃

    原因は色々、動物病院へ相談を

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ